【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーをレンタルするなら知っておきたい!コナの特徴

公開日:2021/06/01  最終更新日:2021/03/09


オフィスで安らぎのひと時を味わえるのが、レンタルコーヒーサーバーの魅力です。自前で用意したりコンビニで購入するといった手間をかけることなく、ボタン一つでいれたてのコーヒーを口にできます。従業員の満足度を上げるなら銘柄にもこだわりたいものではないでしょうか。世界三大コーヒー銘柄の一つ、コナは人気があります。

オフィス用レンタルコーヒーサーバーの特徴

オフィス用レンタルサーバーには、ドリップする方式により大きく分けて二種類に分けることができます。

まず一杯ずつ抽出していくタイプ、オーダーごとに一杯ずつ淹れてくれるというもので常に薫り高いコーヒーを味わうことができます。複数の銘柄に対応していることもあり、各自好みの銘柄をチョイスできるというメリットもあります。ただし一杯ずつドリップするという方式のため、すぐに飲めないというもどかしさが意識されることもあります。オフィスの人数が少なく、余裕をもってコーヒーを堪能できるなどの環境では満足度も向上するはずです。

他方でまとめて抽出するタイプは、一度に多くのコーヒーを用意できるので飲みたいタイミングを気にすることなく常備しておけるというメリットがあります。なお銘柄の選定は難しいのでこだわりのテイストには対応するのが難しい側面があるのは確かです。オフィスでコーヒーを飲む頻度が高く、来客も多いなどの環境では実力を発揮するでしょう。

オフィスにレンタルコーヒーサーバーを導入するメリット

改めてレンタルコーヒーサーバーを導入することのメリットや注意点を確認しておきましょう。まず導入コストの安さと無駄な労力を省略できるという利点があります。自社で豆を調達した場合に比べて、コーヒーを淹れるときのコストを踏まえれば1杯10円程度のレンタルコーヒーサーバーの割安感は意識されるのではないでしょうか。

従業員も自前でコーヒーを調達する手間も費用も抑制できるので労働生産性向上への寄与も期待できます。そしてオフィスの規模や従業員の数に応じて、最適のレンタルコーヒーサーバーを選択できるのでこだわりの一杯を常に提供できることもメリットです。

休憩時間以外でも好きなタイミングでいれたてのコーヒーを飲めるというのは、長期的には職場の定着率向上などにもつながることを期待できます。ただしレンタルコーヒーサーバーを利用する場合、月々のレンタル費用が発生するという点は経費管理の上からも注意する必要があります。従業員の職場環境の充実と、福利厚生費用をどこまで用意できるのかという問題です。

コナコーヒーの特徴や産地について

オフィス用のレンタルコーヒーサーバーを導入するときには、銘柄にもこだわりたいものではないでしょうか。コーヒーといえばブルーマウンテンやキリマンジャロなどが有名ですが、コナもそれらの世界三大珈琲銘柄として高い人気を誇る銘柄です。

コナの産地はハワイ本島南西部コナ地区のみで、このエリアで栽培される銘柄だけがこの名称にすることを許されます。世界三大コーヒーの一つでありながら、生産量ベースでみると実に全世界の1%以下にとどまり非常に貴重な銘柄であることがわかります。そのため100%コナのタイプと、コナを10%以上配合していればコナブレンドという名称を名乗ることができるのです。

コナの特徴は、酸味が少なく口当たりがマイルドということです。コーヒーというとかぐわしさが意識されますが、コナコーヒーはフルーティーで、どこか華やかな印象を感じさせてくれます。癖が少なく万人うけするのもコナコーヒーの魅力といえるでしょう。

 

オフィスにレンタルコーヒーサーバーを導入することは、オフィスで気軽においしいコーヒーを口にできるというメリットがあります。銘柄のチョイスも可能ですが、ハワイ島が産地のコナコーヒーは口当たりが柔らかく、癖が少ないので高い人気を得ているようです。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧