【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーで飲めるコーヒーの種類は?

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/02/28

コーヒーサーバーをレンタルしたいオフィスや企業が増えています。

そこで気になるのは基本のレンタル料金や、飲めるコーヒーの種類などではないでしょうか。

好みの問題もありますがラインナップは多彩なのでご紹介していきます。

 

5種類以上の美味しいコーヒーが飲める

まるでバリスタが淹れてくれたような本格ドリップコーヒーを、誰もがボタン1つで作ることができ、それが自分の働くオフィス内であれば気分も上がり仕事の効率性も高まるはずですし、コミュニケーションに役立つこともあるでしょう。

今、レンタル形式でコーヒーサーバーを導入するオフィス・企業が増えているといいます。

レンタルコーヒーサーバーさえ設置してしまえば、いつでも好きな時に1杯でも2杯でも好きなだけ飲めるのです。

ここでちょっとした疑問としては、飲めるコーヒーの種類は専用の豆の1種類だけなのでしょうか。

その答えとしては今、コーヒーの品質を高めることに力を入れる業者ばかりで、豆の選定から焙煎時の湿度、温度管理調整、豆の梱包まで細かい気配りがされているといいます。

コーヒーサーバーメーカーにより、飲める種類も違うようです。

例えばコーヒーメーカー別にコーヒー鑑定士が厳選した全5種類のブランドから選択することさえできます。

エスプレッソからカプチーノまで、バリエーションのある種類のコーヒーを作ることができる、そうしたマシンを採用している業者さえいるといいます。

 

カフェ店のコーヒーが気軽に飲める

レンタルコーヒーサーバーで飲めるコーヒーの種類のバリエーションは理解できても、専用の豆を使うべきなのか、市販された豆を使っても問題ないのか、この点も気になるところでしょう。

もしも市販でも問題ないのなら選ぶ幅も広がります。

しかし市販であればメンテナンスに問題が生じやすい話を耳にしますから、やはり専用の豆を使うことが推進されています。

豆の種類や風味のバリエーションが増えているため、決して飽きることはありません。

飲める種類にはコーヒー専門店として人気のお店のものから、フレーバーを使用するだけで人気カフェ店の味が再現できるようです。

また、世界規模で認知される自動販売機運営の大手代理店となる業者では、自動販売機に売られているコーヒー飲料メーカーのコーヒーが飲めるようです。

少し値がはるものの、本格的となるコーヒーも飲まれています。

大事なのはコーヒーの品質ともいいます。

自社焙煎コーヒーを扱っている業者を推進する理由としては、産地や品質にこだわる専門家が在籍しているからです。

加えて衛生面の対策、農薬や異物除去検査などの情報を公開している業者のコーヒーならば、安心して飲むことができるのではないでしょうか。

 

カスタマイズして自分の味にしよう

レンタルコーヒーサーバーで飲めるコーヒーは、ライトとストロング、酸味と苦みのバランスによってブレンドされています。

自社焙煎の魅力でしょうが、ミルクやシュガーの甘さが際立つビター味であったり、酸味とコクのバランスが絶妙で飽きないマイルドコーヒーも飲むことができそうです。

もちろんコーヒーサーバーであるので、ホットのみならずアイスコーヒーも飲めるしょう。

マイルドやビター、ブレンドコーヒーだけでも楽しめるラインナップです。

ミルクを入れればカフェラテの味に、ストレートではもちろん、しっかりしたコク、優しい味わいなどを含め、自分好みにカスタマイズできます。

カフェイン多め、カフェイン少なめなども選べます。

 

レンタルコーヒーサーバーを導入すれば、飲めるコーヒーの種類はこだわりの1つから、バリエーション豊かに提供されています。

豆にこだわりを持つ業者もあれば、大手傘下だからこその万人受けする安定した味まで飲み放題です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧