【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーはコーヒー以外も飲むことができる?

コーヒーサーバーは、美味しいコーヒーを誰もが気軽に楽しめるマシンになります。

しかしティーサーバーやウォーターサーバーとは違い、コーヒーだけなのか、それとも他に飲み物が作れるのか疑問視されていますが、実際にはアレンジができるようです。

 

フレーバーなどにバリエーションがある

今では、様々なタイプのコーヒーサーバーが用意されています。

中でも、カフェマイスターに注目が集まっているようで、まるでバリスタが淹れたかのような本格ドリップコーヒーを作ることができるようです。

コーヒーは、挽き方・淹れ方によって味わいも異なり、苦みが強く濃いコーヒーからサラッとしていてコクがあるコーヒーまで様々です。

レンタル会社が提供するコーヒーサーバー、それぞれ抽出方法も違いますし、お湯の温度や注がれ方も違います。

粉末であったり、濃縮した液体を希釈したりと、豆の加工法や状態も違えば、風味も様変わりするはずです。

レンタル会社ではベストな状態で飲んでもらえるように、豆から選んでいます。

まさにコーヒーサーバーのために特別に配合された一級品です。

ですから、一つ疑問となるコーヒー以外も飲むことができるのかどうか、これに関しては飲むことは可能です。

しかし豆の種類や風味のバリエーションが増えている、というのが正しい答えです。

味変しながら飽きずに利用することができます。

ですがやはり、コーヒー専用として利用するのが前提です。

挽き立てのコーヒーが飲める、その類としてエスプレッソやカプチーノまで作ることが可能となるレンタルコーヒーサーバーもありますから、検討してみてはいかがでしょうか。

 

紅茶やスープも作れるから楽しもう

フードサービスに携わってきたレンタル会社ではコーヒーだけでなくウォーターサーバーや給茶機などの飲料事業も行っているようです。

もちろんこだわり焙煎コーヒー、多様なフレーバー飲料を楽しむことができるといいます。

バリエーションがあれば、利用者の飲み方だけでなく、設置する環境に沿ったラインナップで提供できるのではないでしょうか。

ちなみに、ドリンクステーションを提案しているレンタル会社では、自動販売機運営の実績を生かし、飲料全般におけるレンタルサービスを提供しています。

そうなればコーヒー以外も飲むことができるという内容も成立するのではないでしょうか。

例えば、とあるレンタル会社では、九アイテムの中から三種類を自由にコーヒーサーバーにセッティングできるようです。

煎茶やほうじ茶、紅茶も飲むことができます。

冷たい水とお湯が出るのであれば、お味噌汁やスープにも利用できそうです。

飲みたいものがすぐに分かるフレーバーラベルを貼りつければセッティング完了です。

キャニスターを開けて、コーヒーや紅茶などの原料を注ぎ入れるだけ、後はボタンを押すだけです。

レンタル会社では、主力商品のコーヒー豆だけでなく、オプション商品として紅茶やスープ、即席のにゅうめんまでをラインナップしています。

 

水だけでもレモン水や白湯が作れる

レンタルコーヒーサーバーは、無糖コーヒー以外にも、ミルクやシュガーを入れる微糖コーヒーを飲むことができます。

牛乳を合わせればカフェオレになり、甘みと苦みが両方際立ちます。

また、レンタルコーヒーサーバーは、チャンバーを引き出し、ペーパーフィルターを敷き、人数分のコーヒーを入れてセットします。

注水口には水を入れるのですが、時にコーヒーを入れ忘れることもあるでしょう。

そうした時には、お湯だけがカップに注がれるため、即席スープや白湯、レモン汁を入れるだけでレモン水も作れますから、コーヒー以外の味わい、風味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

オフィスがカフェ空間に早変わりする、そうしたコーヒーサーバーを導入するにしても、コーヒー以外にも飲みたい飲み物がある場合には、異なるフレーバーをセットすることも可能で、コーヒー専用というワケではありません。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
記事一覧