【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーをレンタルするなら知っておきたい!キリマンジャロの特徴

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/03/08


コーヒー豆は産地により香りや味わいが異なります。産地によっては高級なものもありますから、美味しいコーヒーをお探しの場合はどの地域で採られたものなのか、気にしてみるとよいでしょう。そのなかで「キリマンジャロ」は定番です。そこで、本記事ではキリマンジャロの産地や味わいや特徴、美味しい淹れ方などを解説します。

キリマンジャロコーヒーの基礎知識

キリマンジャロコーヒーはアフリカ大陸のタンザニアにある、キリマンジャロを産地としたコーヒー豆です。キリマンジャロはアフリカ大陸最大の山で、標高は約5800mです。コーヒー豆は標高1500mから2000mのところで栽培されたものとなります。標高が高いと寒暖の差が激しくなり、これにより豆の品質が高まります。

タンザニアの土壌が肥沃だったことも豊かな味わいや飲み口を実現しました。タンザニアは300年前から栽培していましたが、名声が高まったのは20世紀に入ってからです。1900年代の初頭に多くの農園が誕生し、高品質だと評判が高まっていきます。

日本でキリマンジャロの名前が広まったのは映画がきっかけです。ノーベル文学賞作家のヘミングウェイの原作を映画化した「キリマンジャロの雪」が公開されたことで、一挙に知名度が高まりました。コーヒー豆はもちろんのこと、缶コーヒーなどにより、すっかり定番のものとなっています。

キリマンジャロコーヒーの美味しい淹れ方

キリマンジャロの味わいの特徴は強めの酸味とフルーツのような甘味です。酸味と甘味に、苦味が加わってパンチのある味わいとなります。飲み口はスッキリとしたもので飲みやすく、ストレートで飲むことをおすすめします。焙煎の度合いにより、飲み口は多様に変化することも特徴です。

浅煎りだと酸味がしっかりと味わえて、深煎りにすると甘みや香りがよく引き立ちます。深煎りは香ばしさが加わるので、キャラメルのような味わいにも変わるでしょう。香りは標高の高低により違いの出るものです。標高が高いほど香りはよいとされています。優雅な香りがして、滑らかさや豪華さも感じさせます。

キリマンジャロは朝食のお供やアフタヌーンティー、日常的にも特別な日にもどちらでも美味しいコーヒー豆といえるでしょう。一緒に食べたい食べ物は果物やケーキ、スコーンなどです。甘いスイーツや酸味の強いフルーツと一緒に楽しむことで、キリマンジャロのよさは引き立ちます。

コーヒーサーバーをレンタルしよう

キリマンジャロは深煎りや浅煎りなどで多様な顔を見せてくれるコーヒー豆です。家庭のペーパードリップやフレンチプレスなどを使って淹れても美味しいですが、本格的なコーヒーを楽しみたいならコーヒーサーバーをレンタルすることをおすすめします。

コーヒーサーバーとはワンボタンでコーヒーが完成するような機械のことですが、最近はオフィスにもよく取り入られています。コンビニにあるコーヒーサーバーをイメージしてもらえばよいでしょう。レンタル方法は月額料金制のところが多く、機能によっては紅茶やスープ、スポーツドリンクといった使い方も可能です。コーヒー豆を直挽きして、ドリップしてから提供されるのでできたてのものが楽しめます。

コーヒーサーバーは定期的に保守点検があり、いつも清潔に使えることもメリットです。月額費用もリーズナブルなものが多く、毎日コーヒーを飲んでいる人は経済的でしょう。せっかくキリマンジャロのよい豆を手に入れたら、コーヒーサーバーのレンタルを使ってみてください。

 

コーヒー豆の代表格といえるキリマンジャロの産地や特徴、美味しい淹れ方を紹介しました。やはり美味しいコーヒーを楽しむためには、豆は最重要といえるものです。最近はコーヒー豆を扱うショップが増えて取り寄せやすいですから、ぜひ楽しんでみてください。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧