【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーを探すときは何を基準にすべき?

オフィスには多種多様な備品を設置しなければなりませんが、従業員の満足度を高めたり、訪問客をおもてなすためにも設置したいのがコーヒーサーバーです。

オフィスで挽きたてのコーヒーを楽しむことができれば、訪問客や従業員同士のコミュニケーションが活発になります。

そして、何より従業員の集中力を高めたり、リラックス効果をもたらしますので仕事の能率がアップする効果も見込めます。

 

コーヒーサーバーの種類を決めることからスタート

コーヒーサーバーをレンタルする際の基準の筆頭として、どのタイプにするのかを決めることが挙げられます。

コーヒーサーバーは大きく3つの種類があり、一杯分を抽出するタイプ、数杯分を抽出するタイプ、そして自動販売機タイプのものに大別されます。

一杯抽出タイプをレンタルするメリットは常に新鮮なコーヒーを楽しむことができる点にあります。

小規模なオフィスやコーヒーにこだわりを持つ社員が多いオフィス、淹れたてのコーヒーでお客様をもてなしたいというケースに相応しいサーバーと言えます。

ただし、コーヒーを淹れるのに時間がかかるところがデメリットです。

そのデメリットを補うのが数杯分を抽出するコーヒーサーバーです。

このタイプは人数が多い大規模オフィスや来客者が多いオフィスにおすすめです。

ケースによっては、一杯抽出タイプと数杯抽出タイプの両方の導入も検討してみると良いでしょう。

さらに、エスプレッソやカプチーノなどの多様なコーヒーを抽出できるかどうかなど、幅広い視野で選ぶことも大切です。

それに対し、自動販売機タイプのコーヒーサーバーは誰でも手軽にコーヒーを楽しめる特徴があります。

最近では自販機タイプでも本格的な挽きたてコーヒーを提供できるマシンも登場していますので、検討するに値します。

機種を選べるかどうか、メンテナンスの有無も重要な基準

コーヒーサーバーのレンタル先を探すには、どのような付帯サービスがあるかを確認することも重要です。

例えば、機種の選択に迷っている場合は相談できるレンタル先を選ぶべきでしょう。

そこで、単一のマシンを取り扱うのではなく、複数のコーヒーサーバーから選べるような会社が理想的となります。

そのオフィスのニーズや予算に合ったマシンを紹介してもらうことができます。

複数のタイプのコーヒーサーバーを同時に導入する場合についても、こうしたレンタル会社を選ぶと有利になります。

また、メンテナンスの有無も大切なポイントとなります。

自社スタッフがメンテナンスできれば大きな問題はありませんが、「仕事が忙しくてそこまでは回らない」「スタッフがメンテナンス中にマシンが壊れるような事態は避けたい」という場合にはこのサービスが必須です。

無料での定期訪問や、故障時の無償対応などに応じるレンタル会社を中心に選択することをおすすめします。

さらにコーヒー豆や焙煎へのこだわりのある会社を選べば、利用者の満足度はさらに高くなるでしょう。

コストについてもしっかり検討すること

オフィスは業務に取り組むスペースである以上、コスト管理は厳重に行うべきです。

コーヒーサーバーを探す際も同様で、どれほどのコストがかかるのかしっかりと検討しなければなりません。

レンタル会社を選ぶ際には基準をはっきりとさせて比較することがポイントとなります。

そして、最もわかりやすい基準となるのはコーヒー1杯あたりの値段ということになるでしょう。

最近では1杯20円~30円程度で楽しめるコーヒーサーバーが登場しています。

利用回数が多くなればなるほどコストに差が出てしまう現実がありますが同時に、その他の費用が発生するかどうかもポイントです。

例えば、コーヒーの配達には送料がかかるのかどうか、コーヒーサーバーの導入費用は無料かどうかが考えられます。

さらに見逃してはならないのがメンテナンスは別途で契約が必要なケースがあったり、解約時に料金が発生する場合も考えられることです。

オフィスのスタッフが納得できるコーヒーを提供するサーバーを選ぶとともに、コストについてもできるだけ慎重に検討しましょう。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
記事一覧