【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーの管理は面倒くさい?

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/15

コーヒーサーバーは、コーヒーを入れるための機械です。

コーヒーサーバーを導入すれば、すぐに美味しいコーヒーを作ることができます。

コーヒーサーバーといってもさまざまな種類があり、それぞれに長所と短所がありますがレンタルのコーヒーサーバーを導入する際には、特徴を捉えて導入することが快適に使うためにも大切なポイントになります。

 

 

コーヒーサーバーの種類と特徴は?

コーヒーサーバーの種類としてはドリップ式、カプセル式、そしてエスプレッソマシンの3種類があります。

ドリップ式は、昔ながらの方法でコーヒー豆または挽いたコーヒー豆を使って、ゆっくりとその場でコーヒーを抽出していきます。

ミル付きの場合には焙煎したコーヒー豆をその場で挽くことができるので、本格的な喫茶店のようなコーヒーを作ることができます。

エスプレッソマシンは、エスプレッソコーヒーを抽出するための専用マシンです。

より細かく挽いたコーヒー豆に圧力をかけて抽出することができます。

以前はお店でしか飲むことができないものでしたが家庭やオフィスでも使える機械も登場しておりレンタルで貸し出しているところもあります。

ただ機械としては高価なもので構造的にも大型ですが、本格的なエスプレッソを楽しむことができます。

一方で近年登場したのがカプセル式で濃縮した1杯分のカプセルをセットしてコーヒーを淹れるものです。

ドリップ式と異なってカプセルに封じ込められているので、いつでも美味しいコーヒーを淹れることができるメリットがあります。

レンタルで利用するならどのコーヒーサーバーがいい?

コーヒーサーバーは販売もされているので、購入することも可能ですがコーヒーを販売しているメーカーでは貸し出しているところもあります。

多くは定期的にコーヒーを購入することでサーバーを無料または低価格で借りることができます。

一方で、選ぶ基準となるのがランニングコストです。

費用面で見ればドリップ式がもっともコストが低いというメリットがありますが、抽出後の片付けをする必要があります。

またコーヒーしか抽出することができません。

エスプレッソマシンもコーヒー豆そのもののコストは低いですがマシンが高額です。

カプセル式はコーヒーだけでなくラテや抹茶などを楽しめます。

カプセルの単価はドリップ式と比べると高く1杯あたりの単価が高めです。

ただランニングコストが高い反面で多くの飲料を飲むことができます。

コーヒーだけを飲みたいのであれば、ドリップ式がおすすめですが、いろんなタイプの飲料を楽しみたい場合にはカプセル式がおすすめです。

特にカプセル式ではエスプレッソも楽しむことができます。

レンタルのコーヒーサーバーの管理やお手入れは?

コーヒーサーバーをレンタルで利用するメリットは、メーカーが機器の管理をするサービスが付いていることです。

特に豆を使って抽出するタイプであれば抽出後の豆を取り除く必要があり、またフィルターも交換しなければなりません。

これらを適切に行うことが美味しいコーヒーを淹れることができます。

それに最新のマシンであれば自動で掃除を行ってくれるものもあり、清潔に保つことが可能です。

いずれにしてもレンタルであればフィルター交換を管理者が行うところもあり面倒なお手入れも不要です。

一方でカプセル式はセットするだけで利用できるので面倒なお手入れがそもそも不要といったメリットがあります。

レンタルの場合には必要なコーヒー豆やカプセルを持ってきてくれるので手間なく利用することが可能です。

自前でコーヒーサーバーを購入すれば消耗品の購入や掃除などの色々と面倒な作業が必要ですが、レンタルであれば管理も行ってくれますし、壊れた場合の修理や代替マシンの提供を受けることができるといったメリットがあります。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧