【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーを服にこぼしてしまった!染み抜きの方法を紹介

公開日:2021/10/01  最終更新日:2021/09/03


みなさんはコーヒーをうっかりこぼしてしまったりして、洋服やズボンにシミを作ってしまった経験はありませんか?そんな時、シミの抜き方がわからないと、洋服にシミの跡が残ってしまい、そのまま捨ててしまうなんてことになるかもしれません。そこで今回はそんなコーヒーのシミの抜き方についてご紹介します。

染み抜きをする前に確認すること

染み抜きをするときは、まず洋服やズボンなどに付いている洗濯表示タグを確認します。洋服などに使われている繊維などによって、洗濯液の上限温度、漂白剤使用の可否、乾燥の方法などの情報が載っています。その情報によって染み抜きの方法がそれぞれ異なるため、洋服にあったシミの抜き方を確認しておきましょう。

洋服によっては洗濯機であらえないものなどもあるため、そんな場合は手洗いでするなど事前に染み抜きの方法を確認しておきましょう。また洗濯表示タグにPやFといった表記がある場合は生地が傷みやすかったり、色落ちしてしまうなどの懸念点があるため、その場合はクリーニングに出し専門の方にしてもらいましょう。

基本的な染み抜きの方法

染み抜きの方法は手洗いでする方法と洗濯機を使って落とす方法があります。ここでは、それぞれ紹介していきます。

手洗いで染み抜きする方法

まずは手洗いでのシミの抜き方を紹介していきます。事前に歯ブラシ、タオル、食器用の中性洗剤を準備してください。まず、汚れている部分をぬるま湯で濡らし、汚れを一通り落としましょう。コーヒーなどのシミは水に溶けやすい性質を持っているため、こぼした直後ならぬるま湯での水洗いでも一通りの汚れを落とすことができます。

次に、シミの表面にタオルを当て、裏側から洗剤を付けて軽くなじませてください。そして、汚れている部分を歯ブラシでポンポンとたたくようにします。洋服についているシミをたたき出すように、シミの裏側からポンポンと叩いていきます。

下に敷いているタオルにシミの原因であるコーヒーの汚れが付着していくため、下に敷いているタオルを動かしながらたくさんのシミをタオルに付着させるようなイメージで汚れを落としていきましょう。一通りの汚れが落ちたと思ったら、ぬるま湯ですすいでいきます。洗剤をしっかりと落としましょう。まだ汚れがとれていなかったら、同じ手順で何度も汚れを落とします。

洗濯機で染み抜きする方法

次に洗濯機を使った方法のご紹介です。こぼした直後なら洗濯機を使って洗うだけでも汚れを落とすことができますが、シミを落とす力の強い洗剤を利用すれば、より汚れを落としやすくなります。ただし、洗濯表示タグの確認を忘れないようにしましょう。

時間が経ってしまったとき

こぼしてすぐに染み抜きをすれば完全に落としきることができるのですが、時間がたってしまった場合は簡単には落とすことができません。そんな場合は塩素系漂白剤や酸素系漂白剤を使いましょう。

塩素系漂白剤を使う場合は漂白効果が高く、服の色落ちが発生する心配があるため、色のついていない白の服などに使いましょう。また酸素系漂白剤は色落ちなどの心配はすくないため、色のついた服に使いましょう。

 

今回はコーヒーの染み抜き方法についての記事を書かせていただきました。みなさんは自分の大好きな服やズボンなどにシミが付いちゃったら落ち込みますよね。特に白の服などはコーヒーのような色の強いシミは少し残っているだけでもとても目立ってしまいます。しかしそんな場合でも落ち着いて早めに対処することでシミを残すことなくきれいに汚れを落とすことができます。本記事を参考にお気に入りの服にシミがついてしまったら、すぐ対応できるようにしておきましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧