【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーの初期費用はいくら必要?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/01/22

会社の休憩室や食堂あるいはお店などに、コーヒーサーバーの導入を考えている人もいるでしょう。最近は、コーヒーレンタルサーバーの会社も増えてきたため、いろいろな選択肢がありますが、実際にレンタルするとなると、どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。ここではコーヒーレンタルサーバーの初期費用について見ていきます。

初期費用は会社によって微妙に異なる

レンタルコーヒーサーバーを借りる場合でも、初期費用はその会社によって異なります。会社の中には、初期費用を一切取らないようなところもありますが、この場合には毎月の費用に初期費用が上乗せされていると考えてとよいです。そのため、初期費用だけで判断して限ると、結果的に高い金額を請求されることがあります。

例えば、ある会社を例にしてみると、初期費用の内容は保守点検費用の前払いと最初の1か月分の前払いそしてコーヒー豆の購入になります。サーバーはレンタルでも、コーヒー豆は自分たちで購入しなければならないところが多いです。そして、電気代なども自分たちの会社やお店で支払うことになります。

入会金が少ないところも増えてきている

初期にかかる費用に、入会費用などが含まれていることもありますが、この場合5万円以内に収まることが多いです。最近は、レンタルコーヒーサーバーを営業している会社も多いため、入会金額を減らすところも増えています。

顧客としては、入会金が高いところよりも入会金が少ないところあるいはまったく入会金を取らないところに流れている傾向があるからです。

もちろん中には、個性的なレンタルコーヒーサーバーの会社もありますので、そのようなところならば高い入会金を取ってもお客さんが殺到することもあり得ます。このように、事情はさまざまですが、入会金をとるところも多く、それらの費用を含めると全部で10万円ほど必要になるでしょう。

初期費用があまりかからないところの特徴とは

初期費用があまりかからないところや全くないところは、敷居を低くしているのが特徴になります。顧客としても、可能な限り初期費用を支払何か少なめにしたほうが入会しやすいと考えていますので、初期費用をほとんどとらない会社が出てきても不思議ではありません。

では、初期費用はどのようになっているかといえば、毎月の料金に上乗せされる流れです。例えば、基本料金をほかの会社と同じぐらいにしておき一杯のコーヒーを飲まなかったとしても4,000円ほどの出費になるとします。そこから、何杯のコーヒーを飲んだかにより料金が上乗せされる仕組みです。

一杯当たり20円から30円ぐらいだとすれば、1か月に1,000杯飲むとすればそれだけで2万~3万円ぐらいの出費になります。仮に10円違うだけでひと月当たり1万円ほどの違いが出てきてしまうわけです。

初期費用を支払ないレンタルコーヒーサーバーの会社は、コーヒー一杯当たりの単価を微妙に上げておくだけで回収するお金が随分と変わってくることがわかるでしょう。このように、一回当たりの単価を変えるだけで初期費用を回収できる仕組みを採用しているところが多いです。

 

レンタルコーヒーサーバーを借りる場合、初期にかかる費用はおよそ10万円以内と考えておけばよいでしょう。例えば、入会するときに支払うお金や点検費用の前払いなどがあります。

ただ最近は、初期にほとんどお金がかからないような仕組みを採用しているところも少なくありません。なぜそのようなところが経営していけるかといえば、コーヒー一杯当たりの単価を少し高めに設定することで初期の費用を回収することができるからです。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧