【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

オフィス用コーヒーサーバー導入後に注意するべき点について解説!

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/02/01


「オフィス用にコーヒーサーバーを導入しようか検討している」といった企業もあるでしょう。コーヒーサーバーがあると、社員が自動販売機へ飲み物を購入しに行く時間もカットでき仕事効率のアップも狙えるわけですが、問題点もないわけではありません。この記事では、オフィス用コーヒーサーバー導入後に注意すべき点を中心にお伝えします。

職場にコーヒーサーバーを導入する方法

まずは職場にコーヒーサーバーを導入する方法を簡単にご紹介します。具体的な導入方法は、サーバーを購入する・サーバーをレンタルする・自動販売機を設置するという3つになります。

サーバーを購入する

サーバー自体を購入するものであり、月々のレンタル料が発生しないため1杯あたりのコストを抑えられるのが最大のメリットになります。しかしサーバーを購入することになるため初期費用が高めになりますし、メンテナンスや清掃、豆の補充を自社で行わなければならない点も把握しておく必要があります。

サーバーをレンタルする

サーバーをレンタルすることになるため、初期費用が安く抑えられます。またサーバーのメンテナンスや清掃、さらには豆の補充も行ってもらえるため手間もかかりません。修理費の心配がない点も注目でしょう。一方で月々のレンタル量がコーヒー代金に上乗せされるため、トータルのランニングコストに関しては割高になる可能性があります。こちらは導入時にコストを抑えたい方、メンテナンスをおまかせしたい方におすすめです。

自動販売機を設置する

販売機の設置自体は無料でできます。ボタンを押すだけで好みのコーヒーが楽しめ、メンテナンスや清掃も行ってもらえるメリットがあります。ただ機器が大きいため場所を取るのがデメリットであり、機器の構造上電気や水道が必要不可欠になる点も考慮しなければなりません。

職場にコーヒーサーバーを導入する際に気を付けるべきポイント

では、実際に職場にコーヒーサーバーを導入する際にはどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

ランニングコスト

ランニングコストとは、機器を導入することにより発生していく費用のことを指しています。サーバーを導入するとなるとコストが定期的にかかり続けることになり、そのコストを上回るメリットがなければ導入は失敗となるのです。また機能性がよいサーバーを導入すると、その分価格がかかることも珍しくありません。とくにレンタルタイプのコーヒーサーバーの導入を検討している場合は複数の業者の見積もりを取り、その上でどこを選ぶか決めるのがおすすめです。

管理

コーヒーサーバーの中には、管理に手間がかかるものも珍しくありません。仮に手間がかかるものを選んでしまうと、大きな負担を抱えることになります。とくに自社で管理を行う購入タイプのサーバーを選んでしまうと、メンテナンスに忙殺されかねません。とくに忙しい職場の場合は、管理に手間のかからないレンタルタイプの利用がおすすめでしょう。

サイズおよび機能性

サーバーは種類によって大きさも大きく異なります。サーバーが大きすぎると、設置場所に困ることになります。自社のサーバーを置けるスペースを計測し、その範囲内でサーバーを探すことが必要不可欠になります。またサーバーごとに機能はさまざまです。たとえばコーヒー豆の料や砂糖の量などテイストの選択もサーバーによって異なります。また自動メンテナンスシステムを導入しているサーバーであれば、メンテナンスの手間もある程度省けるわけです。

オフィス用コーヒーサーバー導入後に注意するべき点

コーヒーサーバーを会社に設置したあとにも注意すべきことはいくつもあります。その中でもとくに重要なものをご紹介します。

操作方法を明確にする

コーヒーサーバーの操作に慣れている社員ばかりではありません。使い方がわからない事も考えられるので、そのサーバーの操作方法を図解などで明示してきましょう。「ブラックコーヒーを飲む時の操作方法」「カフェオレを飲みたい時の操作方法」など、社員それぞれの好みに合わせた親切な説明がおすすめです。

清掃を定期的に行う

自社で管理するサーバーの場合は、清掃が必要不可欠です。社員の健康にも関わる部分なので、内部に汚れなどがたまっていないか確認し、その上で清掃しましょう。サーバーのメンテナンス方法に関しては、サーバーの説明書などにも明記されています。ちなみにプラスティック製品の汚れに関しては、重曹を少量のお水で溶かしペースト状にしたものを練り込み、ブラシ等で軽く磨いてあげるのが安全でしかもきれいになるのでおすすめです。

社員が利用しやすい場所に設置する

社員がコーヒーを飲みたい時はリラックスしたいときでもあります。したがって、リラックスしやすい場所にサーバーを設置するのがおすすめです。休憩用の椅子やテーブルを設置し、そこで座りながらゆったりとコーヒーを楽しめるようにしてはいかがでしょうか。

 

オフィス用コーヒーサーバー導入後に注意するべき点を中心にお伝えしました。操作方法を明確にし、さらに清掃を定期的に行い、社員が利用しやすい場所に設置しましょう。せっかくコーヒーサーバーを導入したのに、利用されなかったら意味がありません。また口に入るものなので安全性も極めて重要です。定期的にメンテナンスするなど、きれいな状態を維持しましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
FVジャパンの画像
記事一覧