急冷アイスコーヒーとは?簡単な作り方を紹介! | オフィス用コーヒー(マシン)サーバーレンタルおすすめ5選

【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

急冷アイスコーヒーとは?簡単な作り方を紹介!

公開日:2024/01/01  最終更新日:2023/12/19

?

暑い季節になると、温かいコーヒーから急冷アイスコーヒーへの切り替えが待ち遠しくなります。アイスコーヒーの中でも、急冷式は氷を使って一気に冷やす方法で、キレのある味わいが特徴です。今回は、簡単な急冷アイスコーヒーの作り方をご紹介します。キンキンに冷えたアイスコーヒーを作りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

急冷式アイスコーヒーとは?

そもそも急冷式アイスコーヒーはどんなコーヒーなのでしょうか?その特徴を詳しく見ていきましょう。

香りと味の引き締まり

急冷式のアイスコーヒーはホットコーヒーを冷やして作る方法で、を使って一気に冷やします。

この方法により、香りが閉じ込められ、味わいが引き締まります。通常の冷蔵庫では難しいこの引き締まった味わいを楽しむことができます。

浅煎りと深煎り、豆の選び方

使う豆は浅煎りと深煎り、どちらでも好みでOKです。

深煎りの豆を使うと、アイスコーヒーの温度が低いため苦味や甘みが感じにくくなるので、苦味が欲しい方におすすめです。逆に浅煎りの豆を使うと、フルーティーで酸味のあるアイスコーヒーになります。

急冷アイスコーヒーの作り方

急冷アイスコーヒーを楽しむ方法は、直接冷却式と間接冷却式の2つがあります。

直接冷却は、氷を用いてコーヒーを急速に冷やす方法で、香りが引き締まり、爽やかな味わいが得られます。具体的な手順として、サーバーに事前に250gの氷をセットし、ハンドドリップの抽出器具を使います。

次に、40gの挽いたコーヒー豆をドリッパーにセットし、湯通し(リンス)を行います。温めたお湯(92℃〜94℃)を40ccゆっくり注ぎ、1分待ちます。その後、110ccを1分30秒かけて注ぎ、2分待ちます。最後に残りの100ccをゆっくり注ぎ、3分を目安にコーヒーを完全に抽出します。

一方、間接冷却式では、通常通りハンドドリップでコーヒーを抽出した後、サーバーを氷水に浸し、一気に冷やします。この方法は、濃度を調整する手間が省け、未抽出の状態になりにくい利点があります。

氷水に浸すことでコーヒーが急速に冷やされ、氷が溶けることで美味しいアイスコーヒーが完成します。どちらの方法も、コーヒー愛好者にとって自宅で手軽に楽しめる素晴らしいアイスコーヒーの作り方です。

お好みに合わせて試してみて、夏の暑さを涼やかなコーヒータイムで乗り切りましょう。

急冷コーヒーを作る時は濃いめで!

急冷コーヒーは、氷が融けても美味しさを損なわないように、通常の抽出よりも濃い目に仕上げることが一般的です。

この手法は、氷がコーヒーを薄めないようにするために採用されています。通常、ホットコーヒーをそのまま冷やすと、氷が溶けることで薄く感じられる傾向がありますが、急冷コーヒーは濃い味わいを保ちつつ、氷の影響を受けにくい特徴があります。

アイスコーヒーをホットのレシピで作る場合、豊かな味わいを追求するために濃い目に抽出することがポイントです。これにより、氷が溶けても適切な濃さが維持され、コーヒーのフレーバーが希釈されることなく、より満足のいく味わいが楽しめます。

急冷コーヒーのメリットは、ただ急いで冷やすだけでなく、濃い味わいをキープすることにあります。この工程でコーヒー豆の風味がしっかりと引き出され、氷によって薄くならないような配慮がされています。

まとめ

急冷アイスコーヒーは、その独特の香りと味わいの引き締まりが特徴的です。このアイスコーヒーを作る方法には、直接冷却式と間接冷却式の2つの主要な手法があります。直接冷却式は、熱いコーヒーを氷で急冷する方法であり、間接冷却式は、熱いコーヒーを冷却器具を使ってゆっくり冷やす方法です。どちらの方法も、コーヒー豆の選択や温度の管理、抽出方法に気を配りながら、美味しいアイスコーヒーを自宅で手軽に楽しむことができます。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
FVジャパンの画像
記事一覧