【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーの味をなるべく保ちたい!傷んでいる豆の見分け方は?

公開日:2022/02/01  最終更新日:2022/02/16


「ちょっと一息…」というときに、美味しいコーヒーが飲みたくなります。挽きたてのコーヒーは、香りだけでも癒されるため、コーヒー豆にこだわりを持っている方も多いのではないでしょうか?コーヒーの味を保ちたい場合、重要になってくるのが傷んでいる豆の見分け方です。上手に見分ることで、いつも美味しいコーヒーを飲むことができますよ。

コーヒー豆が傷むとどうなる?

コーヒーは、しばらく放置しておくと酸化するため、味や風味がどんどん悪くなってしまいます。一般的な食品のように腐る(カビが生えるなど)ことはありませんが、味や風味が落ちた状態はコーヒーが傷んでいる証拠です。

コーヒーの香りが少ない

コーヒーの香りが少なくなってきたと感じたときは、すでにコーヒー豆が傷んでいるかもしれません。そもそもコーヒーは、開封すると徐々に香りが少なくなります。最初は強い香りを楽しめますが、開封してしまった場合は、なるべく早く飲むようにしましょう。コーヒーに強いこだわりを持っている方などは、すぐに気づくと思います。

美味しく感じない

香りもなく、飲んでも美味しく感じないときは、コーヒー豆が傷んでいる証拠です。前述したとおり、コーヒー豆自体が腐ることはありません。しかし、コーヒーを長い期間放置しておくと美味しいコーヒーが飲めなくなります。せっかくコーヒーを入れても、美味しくないようでは意味がありません。

強い酸味

コーヒーから強い酸味が感じられたときは、コーヒー豆が傷んでいます。コーヒー豆は、開封後に空気と触れることで酸化、酸化してしまうと本来の香りや味を楽しむことはできません。コーヒーは、長期間保存(開封後)したり、蓋が外れた状態で保管したりするのは止めましょう。

傷んでいるかチェックする方法

コーヒーが傷んでいるかをチェックしたい場合は、コーヒー豆の状態を観察してみましょう。コーヒー豆を見たときに、「最初より黒いような気がする」「コーヒー豆(粉も含む)が固い」と感じた場合は、傷んでいる可能性があります。

変色や固くなる理由

コーヒー豆が変色したり固くなったりする原因は、空気と空気の中に含まれている水分です。もちろん、乾燥している日と湿気の多い日でも大きく変わりますが、開封することで空気や空気中の水分に触れ、徐々にコーヒー豆が傷みます。

こういった状態を回避する場合は、コーヒー豆が入っている容器に乾燥剤を入れるのも傷みを防ぐための対策の一つです。何もしない場合と比べれば、若干ですがコーヒー豆の傷みを防げます。ただし、一度開封した場合は、どのような状態でもコーヒー豆はいずれ傷みます。コーヒーの本来持つ香りや味を損なう前に、消費することが大切です。

保存の目安は?

一般的なコーヒーの保存目安は、未開封なら約半年間、開封後は2週間程度です。また、開封後の冷凍保存は3か月程度が目安、密閉状態によって日持ちする時期が若干左右します。もし、冷凍保存する場合は、できる限り空気に触れる時間を短くして高い密閉状態が維持できるよう気を選ぶようにしてください。開封後は2週間と説明しましたが、飲めないわけではありません。

しかし、飲めたとしても味や香りは落ちてしまうため、空気に触れない状態で保存し、早く飲むことをおすすめします。また、自分の飲む量やペースを把握することも大切、安いからといって内容量が多いものを購入すると飲み切る前にコーヒー豆は傷みます。

 

コーヒーの味をなるべく保ちたいときは、空気や水分に触れないように保存しましょう。また、どんなに完璧に保存しても、開封後は徐々にコーヒー豆が傷みます。美味しいコーヒーを飲みたいという方は、傷んでいるかどうかをチェックしながら、なるべく早く飲むようにしてください。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
FVジャパンの画像
記事一覧