【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーのコーヒーの適切な保管方法とは?

オフィスでコーヒーサーバーをレンタルする場合には使用上の注意事項を守らなければいけません。

そうしなければ長く使うこともできなくなってしまいますし、トラブルの原因になってしまうこともあるので、注意をしなければいけないことはチェックをしておくとよいでしょう。

 

保管をする場所に関して考えておく

コーヒーサーバーをレンタルしている場合、コーヒー豆をひいたものを使うことがあります。コーヒー豆を購入して、その場でミルをすると風味はいいかもしれませんが、手間がかかってしまいます。

すぐにでもコーヒーを飲みたいという時には面倒ですし、時間もかかるのでオフィスでの利用は不向きです。一般的にコーヒーサーバーを取り扱っている業者から購入をすることが多いですが、一度にまとめて購入をすることになるので、保管方法にも注意をしなければいけません。

紫外線を通さないパックになっていることが多いですが、日差しが入ってしまうところや高温になってしまうところは保管場所として適しません。温度が高温にならず、更に日差しが入らない暗い場所に保管をするのが良いとされています。

また一度封を切ってしまったものは酸化が進んでしまうので、できるだけ早めに使うようにしましょう。1回使い切りでも半分だけ使いたいということもあるかもしれません。その場合にはできるだけ空気に触れないようにして保管をすれば酸化もある程度抑えることはできるでしょう。

 

コーヒーに入れるものの保管も考える

コーヒーに何も入れずブラックで飲む人もいますが、ミルクや砂糖を入れたいという人もいるでしょう。ミルクや砂糖に関してもコーヒーと同じように直射日光が当たらない場所に保管をしたほうがよいです。

ミルクの場合には消費期限も短くなっているということがあるので、期限内に使うことができるようにしましょう。液体のミルクであれば、古くなってしまうと中で固化してしまうこともあります。

そうなると使うことも避けたほうがよいので、廃棄をしなければいけません。廃棄をするのはもったいないので、できるだけ使い切れるようにしたほうがよいでしょう。

砂糖に関しても小分けになっているスティック状のものであれば、鮮度を保つことはできますが、1つ1つブロックになっているものであれば、湿度に弱いということもあるので、封を切ったら早めに使いきるように心がけるとよいでしょう。

 

コーヒーの種類を選択するということ

オフィスでコーヒーサーバーをレンタルしてコーヒーを作る場合、コーヒーの種類を選択することができる場合も多いです。原産地などによっても香りが全く違うということがあるので、好みに合うものを見つけてみるのもよいかもしれません。

種類によっては価格も高額になっているものもあるので、どれくらいの価格で購入をすることができるのか、ということも検討したほうがよいでしょう。メーカーによってはコーヒーを保管することができるボックスもレンタルで対応している場合もあるので、専用のボックスがあればそこに保管をするのがベストです。

封を切ってしまってどうしても使うことができないということであれば、冷凍庫に入れて保管をするのもよいです。その場合でもできるだけ早めに使うようにしましょう。

 

オフィスで気軽にコーヒーを楽しむことができるとして、コーヒーサーバーをレンタルしているところは多いです。コーヒー豆の保管に関してもできるだけ酸化をしないような工夫が必要です。

直射日光を避ける、高温多湿な場所は避けるなど基本的なことを守っていればある程度品質を維持することはできるようになっているので、保管に関して神経質になりすぎることはないでしょう。

ただし、1回で小分けの袋を1つ使い切るようにしたほうが酸化をすることもないので美味しく飲むことができるようになります。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
記事一覧