レンタルコーヒーサーバーはどの種類を選んだらいいの? | オフィス用コーヒー(マシン)サーバーレンタルおすすめ5選

【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーはどの種類を選んだらいいの?

公開日:2024/05/15  最終更新日:2024/02/02

コーヒー愛好者の皆さん、レンタルコーヒーサーバーを選ぶ際、迷ってしまうことはありませんか?豊富な種類のなかから最適な一台を選ぶポイントや、おすすめのタイプについてご紹介します。コーヒーの楽しみを存分に味わえるサーバー選びのコツを知り、贅沢なカフェ体験をご自宅で実現しましょう。

レンタルコーヒーサーバーとは

レンタルコーヒーサーバーは、コーヒーマシンやサーバーを専門の会社から一定期間ごとにレンタルするサービスです。まず、レンタルコーヒーサーバーは手軽で手間がかからないため、多くの人に利用されています。自宅やオフィスで美味しいコーヒーを飲め、レンタルなら初期費用を抑えつつ、必要な期間だけ利用できます

さらに、さまざまな種類のコーヒーマシンが提供されており、利用者の好みやニーズに合わせて選ぶことができます。

また、レンタル契約にはメンテナンスや修理サービスが含まれる場合が一般的です。定期的なメンテナンスやトラブルが発生した際の修理作業は、専門のスタッフがおこなうため、利用者は安心してコーヒーサーバーを利用できます。これにより、長期間安定的にコーヒーマシンを使用できます。

加えて、環境にも配慮した選択肢として注目されています。レンタルコーヒーサーバーを利用すると、不要な機器の廃棄や更新時のリサイクルがスムーズにおこなえ、サステナビリティへの貢献が期待できます。

レンタルコーヒーサーバーの種類

オフィスでのコーヒーサービスにはさまざまな種類があります。提供企業によって機種が異なるため、選ぶ際には主要なレンタルサーバーのタイプを知ることが重要です。以下で詳しく解説します。

一杯抽出タイプ

オフィスでのコーヒーサービスにおいて、一杯抽出タイプのコーヒーサーバーは人数が少ない部署や好きなタイミングで風味豊かなコーヒーが飲みたい方におすすめです。このタイプには、コーヒー豆をその場でドリップするタイプと、カプセル式の2つがあります。毎回ドリップするため、新鮮なコーヒーを楽しめます。

ブリュワータイプ

ブリュワータイプのコーヒーサーバーは一度に数杯分のコーヒーを抽出できる機種で、基本的には保温機能が付いています。これにより、作り置きが可能で規模の大きいオフィス向けです。

一度に多く作れるため、コストを低く抑えられますが、一度作ってしまうと味が選べないというデメリットへの考慮が必要です

自販機タイプ

自販機タイプのコーヒーサーバーは、自動販売機型の機種です。ボタンを押すだけでコーヒーが自動的に抽出され、手軽さが特徴です。複数の味やほかの飲料も用意されており、気分や好みに合わせて選べるのがメリットです。しかし、設置場所のスペースを取るというデメリットもあるため、広いオフィスでの導入が適しています。

コーヒーサーバーをレンタルする際の注意点

コーヒーサーバーをレンタルする際には、慎重な注意が必要です。まず、本体を配置するスペースの確保が不可欠です。とくに自販機タイプは大型で、設置場所や搬入経路の確認が必要です。備品や消耗品の収納スペースも考慮しましょう。

次に、定期的な清掃も欠かせません。コーヒー豆や水の充填、備品の補充、抽出後のコーヒー粉や紙カップの廃棄、フィルターの交換などさまざまな作業が発生します。これらの管理業務を従業員に負担させると不満が生じる可能性があります。

負担を減らすためには、アフターフォロー体制を提供するオフィスコーヒーサービスを選ぶことが賢明です。事前に確認すると、スムーズな運用を実現可能です。

まとめ

コーヒーサーバーの種類や注意点を把握すると、理想的なオフィスコーヒーサービスを構築できます。スペース確保や定期的なメンテナンス、アフターフォロー体制の有無など、選択には慎重さが必要です。利用者のニーズに合わせ、品質と利便性を両立させることが、満足度向上の鍵です。上手な導入と運用により、コーヒーサーバーはオフィス環境をより快適で効率的なものにし、社内コミュニケーションを促進します。