【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーをレンタルするなら知っておきたい!グアテマラの特徴

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/03/09


レンタルコーヒーサーバーを利用するなら、コーヒーもこだわって選んで行くことが重要です。さまざまなコーヒーの種類が有りますので、それぞれの特徴を知った上で厳選していく事をおすすめします。今回はグアテマラについて調べてみましたので、ぜひ参考にしてください。産地によっても変わってきますし、まずは知ることから始めましょう。

グアテマラコーヒーの産地についてみてみよう

レンタルコーヒーサーバーを利用する際、コーヒーまで選べるところであればそれぞれのコーヒーの特徴を抑えて好みに応じて選んで行く事をおすすめします。グアテマラはスターバックスコーヒーでも商品化されていますし、知名度が比較的高く日本でも愛飲されている方が多いということでも好んで飲んでいる方が多いのでおすすめです。

まず産地から見てみますと、グアテマラ共和国というところでつくられているのですが、人口はおよそ1,436万人で国土は109,000平方キロメートルです。日本の国土のおよそ三分の一程度の面積です。

中央アメリカの北部に位置していて、国土の北東はカリブ海、南側は太平洋に面しています。1821年にスペンから独立した国で、マヤ文明が栄えたところということもあって現在でも国民の半数以上はマヤ系の先住民族です。国土の北部はサバンナで南部は火山もありますが、基本的には亜熱帯気候という位置づけがされている地域です。

グアテマラコーヒーはどういう味?

コーヒーは産地でまた、豆の種類で味が非常に変わってきます。焙煎の方法でも変わりますが、豆の種類や産地というのが基本的な違いになります。ちなみにグアテマラコーヒーの特徴を見てみますと、甘い香りとやや強めながらにも上品な酸味です。ほどよいコクと芳醇な味わいというのがあげられます。

甘さがあるということと、酸味とコクのバランスが優れているということが特徴です。他の産地の豆とブレンドしやすいという点でもしばしば注目されていて、レンタルコーヒーサーバーを行うメーカーでも、グアテマラブレンドを利用しているというところもありますので要チェックです。

産地の標高が高くなればなるほどなるほど風味もよくなって、高品質になるといわれています。等級は生産地の高度によって7つに分けられているため、細かく表示されているものはそのランクも見てみるとわかりやすいです。コーヒー豆の輸出は、アメリカとカナダに続いて日本が第三位です。

レンタルコーヒーサーバーはコーヒー豆選びから

レンタルコーヒーサーバーの導入を検討しているのであれば、まずどういったコーヒーを取り扱っているのかというのにも重点を置いて考えていきましょう。日本でも愛飲されていると話題のコーヒー豆の一つがグアテマラです。大手から商品化もされていますし、需要は非常に高いです。

甘さの上品な酸味とコクと芳醇な香りというのが特徴で、飲みやすいということでもおすすめです。レンタルコーヒーサーバーメーカーの中には、コーヒーの取り扱いも行っていて定期的に補充をしてくれる所も有りますので大変便利です。コーヒー以外にも抹茶ラテや紅茶などのポーションで対応している所も有りますが、ニーズに応じてサーバーの種類も選んでいく事をおすすめします。

グアテマラについての基礎的な事を知ったら、後は実際にテイスティングをしてみましょう。メーカーによっては試飲などのデモンストレーションを行っている事も有りますし、キャンペーンでお試し期間が設定されている事も有ります。

 

レンタルコーヒーサーバーを導入するときには、サーバーの機種だけではなくコーヒーの内容も選んで行く事になります。どういった好みかというのも選択肢に入ってきますし、多くの方に人気がある豆から選ぶことも重要なポイントといえるでしょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧