【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

全自動のレンタルコーヒーサーバーとは?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/12/02


レンタルコーヒーサーバーの中には全自動と銘打っているものもあります。普通のコーヒーサーバーとは一体何が違っているのでしょうか。実は定義があるわけではないのでメーカーごとに少しずつ仕様に違いがあります。どんなことができるサーバーなのかを簡単に理解しておきましょう。

典型的なのはコーヒー豆からコーヒーを淹れられる

全自動コーヒーサーバーというセールス文句で販売やレンタルをしているサーバーとして典型的なのは、コーヒー豆を入れてスイッチを押すだけでコーヒーを淹れられるというものです。コーヒーの粉からスタートできるものでも全自動という宣伝をしていることもあり、重要なのはスイッチを押すだけでコーヒーが入るということだと考えても良いでしょう。

機構的に考えると、コーヒー豆からスタートできる場合にはまず豆の量に応じて適切な時間だけミルをかけてくれます。次にタンクに貯められている水を瞬間湯沸かし器と同じ原理で熱湯にし、ミルによって粉状になったコーヒーに対して注いで抽出をするという仕組みになっています。

サーバーによっては水をタンクに入れる必要もなく、水道管から直接水が供給されるようになっていることもあるでしょう。また、コーヒー豆もコーヒーを淹れたいときにその都度補充する必要がないサーバーも多く、まとめて数百グラムから1キログラムくらいを入れられる場所が付いています。このようにして簡単にスイッチを押すだけでコーヒーが入るというのが特徴です。

コーヒーに砂糖やミルクも入れてくれる

ブラックコーヒーが入っただけではまだ全自動ではないと言う人もいるかもしれません。飲むためには私は砂糖を入れなければだめ、ミルクを入れてこそ美味しいという人もいるでしょう。実はそこまでできるコーヒーサーバーもレンタルすることができます。

最初にする作業がスイッチを一つ押すだけではなく、砂糖の有無または量を設定し、ミルクについても有無や量を決めるためにボタンをいくつか押すことは必要です。しかし、たったそれだけの作業でコーヒーを豆から淹れてさらに砂糖とミルクも入った状態にできるようになっています。

この他にも細々とした機能が付いているコーヒーサーバーは多く、好みの濃さや量に調節できたり、温度も変えられたりすることもあるのが現状です。

タイマー付きで欲しいタイミングで入れられる

全自動と謳っているコーヒーサーバーでも飲みたときにスイッチを押さないとコーヒーが入らないではないかという指摘をする人もいるでしょう。朝9時に出社して給湯室に行ったらコーヒーがちょうど入っているという感じでこそ全自動だと考える人もいるのは確かです。

レンタルできるコーヒーサーバーの中にはそこまでやってくれるものもあります。タイマー機能があって、何時間後にコーヒーを淹れる、あるいは何時何分にコーヒーを淹れ始めるといった設定ができるのです。

やはり準備しておく必要があるのはコーヒー豆や水、そして機能がある場合には砂糖やミルクなどの設定だけで、後は時間が来たらコーヒーが入ります。朝の忙しい時間帯に操作するのが面倒というケースは多いので、帰宅前に設定しておくと出社したらすぐに淹れたてのコーヒーを飲めるのはありがたいことでしょう。

 

コーヒーサーバーには全自動となっているものもありますが、どのくらい自動化できているかはサーバーによって異なります。スイッチを押すだけで簡単にコーヒーが入るというのは共通点ですが、コーヒー豆をミルで挽くところから始めるものもあれば、砂糖やミルクまで入れてくれるものもあるのでバリエーションは豊かです。

タイマー機能も付いていて設定しておけば翌朝にすぐに飲めるという形で使えるサーバーもあります。このようにさまざまな形で自動化されたコーヒーサーバーがあることを念頭に置いてレンタルを検討してみましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧