【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーのコーヒー豆の賞味期限はどれくらい?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/26

コーヒーサーバーをレンタルするオフィスが増えています。基本的にはコーヒーサーバーは無償レンタルで提供されて、コーヒー・砂糖・ミルクなどの消耗品が毎月のコストとかかってきます。

消耗品には賞味期限があるため定期的にレンタルを受けている側も確認が必要になります。

 

レンタル時の消耗品には賞味期限がある

コーヒーサーバーをレンタルした場合には、コーヒーサーバーや伴う備品をレンタルすることが一般的です。サーバーや備品は多くの業者ではサービスとして無償提供されているため、毎月かかるコストとして、コーヒーやカップや砂糖とミルクなどで、一般的にはサーバーだけをレンタルするということはできません。

コーヒーは、基本的には賞味期限は製造日より1年ですが、袋に記載があるため確認して早めに使い切るようにします。砂糖やミルクといったコーヒー以外の賞味期限もそれぞれ外箱や袋に記載されていますが、開封したら早めに使い切るようにします。

ミルクの中でもフレッシュミルクを使っている場合には、固まってしまうこともあります。実はフレッシュミルクは、温度が低い場所で保管していると、冷え過ぎから固まってしまったり、脂肪分が分離してしまいます。

フレッシュミルクは植物油脂を使っているため常温保管で大丈夫です。直射日光の当たる場所や高温の場所を避けて保管します。

 

コーヒーは焙煎すると酸化がはじまる

コーヒー豆は収穫してから乾燥させて焙煎して完成します。脂質成分が多く含まれていて、高い温度で焙煎するためその時点で酸化がはじまりますが、焙煎後も酸素や温度、湿度といった保管状況によって酸化が進行していきます。

保管状況や期間によって熟成だけでなく酸化していき、最終的には腐敗していきます。コーヒーは生豆の容体よりも焙煎するとさらに酸化が進みますし、粉状態にすると酸素に触れる面積がより増えるため酸化がより進みます。

コーヒー豆は焙煎して豆の状態だけでなく、粉の状態にしていても一般的な生鮮食品と同じですので、賞味期限を守るだけでなく早めに飲みきることが必要になってきます。未開封であっても、火を使って高温で焙煎しています。

完全真空包装であれば、多少は酸化スピードが遅くなりますが、あくまで遅くなるだけです。一度火を使って焙煎していますので、酸化は止められません。早めの消耗を心掛けるようにします。

 

消耗品に異変があったときには業者に確認

コーヒー豆または粉の袋がパンパンに膨らんでいることもありますが、心配はありません。焙煎直後のコーヒーを袋詰めすると香りを盛んに放出して袋が膨らんでしまうことがあるため、焙煎した直後ということになります。

袋が膨らんでいるということは新鮮ということになります。コーヒーがガチガチ固くなっている状態はレンタル業者に伝えて確認してみることが大切です。

コーヒーだけでなく、砂糖やミルクに異変があった場合や消耗品が不足している場合にも業者に確認することがおすすめです。

 

コーヒーのレンタルサーバーを受けている場合には、消耗品として提供されているコーヒー豆や粉、砂糖やミルクの賞味期限の確認が必要です。消耗品の賞味期限は、それぞれ外箱や袋に記載されていますが、保管状態には気を付けておく必要があります。

コーヒー豆や粉の場合には袋がパンパンに膨らんだ状態になっている場合は、焙煎したばかりで炭酸ガスなどの発生をしているため新鮮な状態であることが一般的です。

コーヒーが固まってしまってガチガチになっている場合には劣化してしまっている可能性があるため、保管日数が経っていないのに状態に変化している場合にはレンタルを受けている業者に確認が必要です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧