【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーなら好みのメーカーにかんたん交換

公開日:2021/07/01  最終更新日:2021/04/12


オフィスで大人気のレンタルコーヒーサーバーですが、それぞれのメーカーでカプセルの内容も異なります。コーヒーだけではなくラテの種類も豊富で、紅茶や緑茶などにも対応しているタイプもあるようです。コーヒーだけでなくほかの飲み物についても利用者の間でリクエストが多い場合は、レンタルコーヒーサーバーの交換を検討してみましょう。

レンタルコーヒーサーバーはどんなタイプがある?

コーヒーサーバーは大きく分けると、1杯ずつ抽出するタイプとまとめて抽出するタイプがあります。これらはレンタルでも購入でもどちらも可能です。

オフィスで利用する人が多いようであれば、1度に抽出できるタイプも便利でしょう。まとめて淹れられるタイプであれば、飲みたい時にすぐに飲めます。来客が多い、利用者が何人も1度に使うという場合には、1杯ずつの抽出ですと時間がかかるので、こちらを選択するとよいでしょう。

一方、1杯ずつ抽出できるタイプは、その都度淹れたてのコーヒーと香りが楽しめます。豆の種類も選べるため、その時の気分で楽しめるメリットもあるのです。1杯あたりのコストは1杯ずつのほうが高くはなりますが、コーヒーショップで購入することを考えるとお得感があるでしょう。しかし、大勢で利用する時には1度に使おうとすると時間がかかるというデメリットが生じるため、ニーズに合わせて選んでいくとよいでしょう。

レンタルコーヒーサーバーを利用するメリットとは?

コーヒーサーバーはオフィスで導入することを考えると、大きなマシンを用意し、大容量の抽出ができるものを選べば、費用も高くなります。コーヒー豆も自社で用意しなければなりませんし、手間もかかります。さらにマシンのメンテナンスも必要となり、壊れた時に自分たちで対応しなければならないでしょう。

一方、レンタルの場合は定額でレンタルでき、メンテナンスもそれぞれのメーカーが対応してくれ、不具合があった時でも対応してくれて安心です。保証もあるため、すぐに交換してもらえるなどのメリットもあります。

デメリットとしては、ランニングコストを見た時の1杯あたりのコストが上がる点です。コストカットを考えたいという場合には、比較検討したほうがよいでしょう。費用と使いやすさ、種類の多さなどで大人気のメーカーもあるため要チェックです。

レンタルであればメーカーの交換も簡単にできます!

オフィス用のコーヒーサーバーは高額なタイプも多く、初期費用もそれなりにかかるでしょう。しかしレンタルで導入すれば、定額の費用で済みます。抽出するためのコーヒー豆やカプセルも注文をすれば届けてもらえ、マシンのメンテナンスも行ってくれるため、便利さを実感できるでしょう。さらに他のメーカーにしようと思った時に、マシンを購入している場合には交換しにくいものです。

しかし、レンタルであれば契約を変えればよく、比較的簡単に交換できるというメリットもあります。個人で利用できるメーカーの数も限定されてきますが、オフィスで使う場合にはメーカー数も多いのでその中でいろいろ試してみるというのもおすすめです。レンタルコーヒーサーバー業者の中には、何か月以上の契約が必須という条件で契約を結ぶところもあります。そのため、業者と契約を結ぶ際には、内容をよく確認しましょう。

 

コーヒーサーバーを購入した場合、それなりの初期費用が必要です。しかし、レンタルコーヒーサーバーは初期費用が定額で済み、オフィスで使用する際にメンテナンスもしてもらえるので便利なサービスといえるでしょう。さらに、好みのメーカーが見つかったときには、交換することも比較的簡単にできるためおすすめです。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧