【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーの賢い選び方

職場においてお客様をもてなすものと言えば、コーヒーなどの飲み物です。

そのおいしさは意外とお客様の間でも評判になったりするので、いざ導入するとなれば選び方にも迷ってしまうかもしれません。

そこでコーヒーサーバーをレンタルする際の選び方について、その要点を分類別に記載してみようと思います。

ぜひとも導入する際の参考にしてみてください。

まずはコーヒーサーバーの種類で絞り込む

まずオフィスでのレンタルコーヒーサーバーの選び方としては、最初にその性能を大きく左右する形状を比較して選ぶことが重要です。

そこで考えなければならないのは、ポット型とマシン型のどちらが良いかということとなります。

では、それぞれの特徴やメリット・デメリットはどんなところにあるのでしょうか。

まずポット型の大きな特徴としては、やはり本格的なコーヒーを楽しめるというものがあります。

マシンタイプもかなり性能はあがってきていますが、上手な方がポット型で淹れるコーヒーにはなかなか適いません。

できるだけ高品質なものをと考える場合はポットタイプが良いでしょう。

ただ、このポット型の特徴は逆に言えば質のばらつきが出やすいということも言えます。

一方でマシン型は簡単な操作で一杯分がすぐにでき上がりますし、しかもいつでも誰が操作しても均一な品質が保証されるのです。

業務が忙しく時間をかけることができなかったり、またいつも同じ方がコーヒーを作ることができない場合はマシン型のほうがおすすめだと言えます。

ポットタイプでも形状はさまざまなものがあります

次に、コーヒーサーバーの種類を決めたとしても、今度はその中でも様々な種類があり、迷うことがあるかもしれません。

例えばポットタイプの場合、大きくは形状により二種類に分けられます。それは、独立型とカラフェと呼ばれるドリッパーが一体化されたタイプのものです。

独立型の特徴としては背が低く安定している、ということが挙げられます。

コーヒーは零すと場所によっては、かなり頑固な染みを作ってしまいがちです。

そうしたトラブルが想定される場合や、万が一のことを考えた方が良いオフィスの場合はこちらを選んだ方が良いと言えるでしょう。

ただしドリッパーとサーバーを共に揃えなければいけないので、コストは高めとなることが多いようです。

次にカラフェ型ですが、こちらは一体型なのでコストが安めなのは大きなポイントとなります。

さらにデザインもかなりお洒落なものが多いので、デザイン重視の場合もおすすめです。

他にはコーヒーの味を均一にしやすいので、クオリティが安定しやすいという要素もあります。

どちらにするかは、オフィスの種類や要望によって判断すると良いでしょう。

マシンタイプの場合の選び方とは

では一方でマシンタイプの場合は、どのようなポイントに気を付けて選べば良いのでしょうか。

まずマシンタイプの場合で気にするのは、やはりコスト面でしょう。

というのもマシンタイプでは、1杯ごとカプセルで抽出する形が多いためコストが計算しやすいのです。

職場で確保できる予算に応じて、まずは適切な価格の物を選ぶと良いと言えます。

他にはレンタル料や保守など一杯辺りの費用とは別にランニングコストが掛かる事もあり得ますので、そういったところは確実にチェックしておきましょう。

次に見るべきなのは、抽出できるドリンクの種類です。

マシンタイプのコーヒーサーバーでは、機械はレンタルではありますがカプセルは買い切りで様々なものが選べるようになっています。

例えばエスプレッソのような濃いものも選べますし、豆の種類も選べるのです。

さらに、抹茶や紅茶といったその他のお茶を楽しめるようものもあります。

飲みたいタイプのドリンクを用意しているコーヒーサーバーを選ぶというのも、十分大きな要素だと言えます。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
記事一覧