【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーとエスプレッソの違いを知ろう!手軽にオフィスで楽しむためには?

公開日:2022/03/01  最終更新日:2022/04/01


「コーヒーとエスプレッソの違って何?」と疑問に思う人は多いですよね。コーヒーと比べて苦味が強く、濃厚な味わいを楽しめのがエスプレッソですが、これらは抽出方法の違いによる特徴です。今回はコーヒーとエスプレッソの違いに加え、オフィスコーヒーを手軽に楽しむ方法についてもあわせてご紹介します!

カフェインで仕事の効率アップ!

コーヒーに含まれるカフェインには「アデノシン」と呼ばれる物質の作用を抑える働きがあります。

アデノシンは脳の興奮やドーパミンを抑制するもので、カフェインによってこの働きが抑えられることで眠気覚ましや集中力アップ、やる気を起こす、疲労解消といった効果が期待できます。午前・午後休憩やお昼休みにコーヒーを飲んでリフレッシュすることで、仕事の作業効率や生産性を上げられるでしょう。

コーヒーとエスプレッソの具体的な違い

コーヒーとエスプレッソは、具体的にどこが違うか知っていますか?エスプレッソは濃くて苦いイメージがありますが、それは抽出方法の違いによるものです。ここでは、それぞれの特徴について詳しく解説していきます!

抽出方法

コーヒーは専用のペーパーを使って粉をろ過しながら抽出し、時間をかけて少しずつ淹れるのが一般的です。エスプレッソは豆自体に圧力をかけて短時間で抽出するため、コーヒー本来の味を味わうことができます。

味・量

コーヒーは長い時間をかけて抽出することから、複雑で奥行きのある味わいを楽しめます。一方、エスプレッソは豆自体に圧力をかけるため、その味わいも濃厚で苦味が強いです。

また、豆に長く圧をかけすぎるとえぐみ出ることから、少量だけを抽出して飲むのが一般的です。エスプレッソは使用する豆の量、飲む量ともに少ないため、コーヒーと比較してカフェイン量も少ないのが特徴です。

オフィス用コーヒーサーバーの設置は社員満足度の向上にも!

オフィス用のコーヒーサーバーを設置すれば、いつでも手軽にコーヒーを楽しむことができます。最近では福利厚生の一つとしてコーヒーサーバーを設置する企業も増えており、社員満足度の向上にもつながっています。

手軽にリフレッシュできる

「コーヒーを1杯だけ飲みたい」と思っても、仕事中に買いに行くのが難しい人も多いですよね。オフィスにコーヒーサーバーを設置することで、外に買いに行く手間なくいつでも手軽にコーヒータイムを取り入れることができます。毎回コーヒーを購入するのに比べてコストパフォーマンスも良く、本格的な味わいが楽しめるのも魅力です。

仕事の生産性アップ

先述のとおり、カフェインには集中力を上げたり、やる気を起こしたりする効果があります。実際に世界中でさまざまな実験が行われており、コーヒーを飲むことによるパフォーマンス向上効果が証明されています。コーヒーサーバーの導入により社員の集中力も高まり、仕事の生産性アップが期待できるでしょう。

コミュニケーションの促進

コーヒーサーバーを設置することで、同じタイミングでコーヒーを淹れにきた人との会話が生まれます。コーヒーを飲みながらちょっとした雑談を楽しめば、良い雰囲気のまま業務に取り組めるでしょう。

また、普段一緒に仕事をしない違う部署の人ともコミュニケーションを取る機会になり、社内での人間関係構築にも役立ちます。ここでの会話をきっかけに、新たなビジネスのアイデアが生まれるかもしれませんよ。

 

今回は、コーヒーとエスプレッソの違い、オフィスコーヒーを手軽に楽しむ方法やメリットについてご紹介しました。エスプレッソは飲む量自体が少ないため、1杯あたりのカフェイン量はコーヒーの方が多くなります。カフェインの効果で仕事の効率化を目指すのであればコーヒーを、深い香りや味を楽しむならエスプレッソがおすすめです。会社にコーヒーサーバーを設置すれば、社員満足度や生産性アップも期待できますよ!

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
FVジャパンの画像
記事一覧