【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーの導入による従業員への効果とは?

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/07/06

福利厚生は、企業で働く従業員が支障なく業務をおこなえるように企業側が率先して助力することです。一般的には税の支払いや保険の適用が主ですが、企業側が独自におこなうサービスもあります。例えば社員食堂のように、企業側が健康を考えて施設を設置するといった形です。そのような独自の企業側がおこなうサービスにおいて、利用数が増えているのが室内カフェの設置になります。

室内カフェにすることができる

室内カフェというのは、企業内に特設ステージを作ることでお茶やコーヒーを飲む場所です。そんな室内カフェを支えるのに役立っているのが、各飲料メーカーで実施しているレンタルコーヒーサーバーサービスになります。レンタルコーヒーサーバーは、おいしいお茶やコーヒーを楽しめるように飲料メーカーが企業に抽出器を貸し出すサービスです。

レンタルコーヒーサーバーには凝縮液が入った専用のカプセルが内蔵されており、それを機器のヒーターで温めたお湯で抽出することでおいしいお茶とコーヒーを飲むことができます。コーヒーサーバーのメリットは、カプセルにはいろいろな工夫ができるのでコーヒーやお茶だけでなくカフェラテやエスプレッソなど多岐にわたる飲み物を飲むことができるのです。

もちろん夏の時期には、水で抽出することでアイスコーヒーや冷茶を飲むことも可能になります。これはサービス業務なので、月額利用料金を企業が支払う必要があるのです。その代りにメンテナンスといった作業は、すべて月終わりに飲料メーカーがおこなってくれるので安心して使えます。企業にとってはおいしいお茶とコーヒーを飲める利点があり、飲料メーカーとしては製造している商品の宣伝になるのでお互いメリットが大きいです。

仕事にメリハリをつけてくれる

企業内に設置するメリットは、やはり仕事のメリハリをつけてくれることです。人間が集中できる時間は、おおよそ1時間から2時間が限度になります。もちろん3時間以上も働けますが、それ以上になると心身に負担がかかります。そこで1時間から2時間経った時に、休憩をはさむことで心身の疲労を回復し心機一転仕事に取り組める効果を発揮するのです。

それ以外にも施設内で利用することによって、ショップに行く時間短縮にもなります。これまでは休憩時間にお茶やコーヒーを飲む場合において、会社の近くのお店に行くのが定番です。

しかし会社に近くても、やはり移動時間があるので休憩時間が短くなります。その点企業内に特設ステージを作って、そこで好きな飲料を飲めるようになれば移動時間の短縮がそのまま休憩時間に上乗せできます。移動の負担が減るので、仕事のメリハリをつける効果を与えてくれるのです。

話し合いの場となり企業の利益につながる

休憩時間の創出がレンタルコーヒーサーバーのメリットですが、もうひとつ付加価値として注目されているのが人材交流による活性化です。特設ステージを作ることによって、企業で働く従業員がこぞってその場所に集まります。そこは一種の人材交流の場となり、これまで仕事の関係上で付き合いがなかった部署の人たちと話し合いができるのです。

それによって生まれるのが、新しい価値観が生まれることで企業の利益になります。アイデアというのは自身の経験から生み出すタイプと、いろいろな物事からヒントを経て生み出すタイプの2種類になります。レンタルコーヒーサーバーを利用した休憩時間の創出は、物事からヒントを得るという部分になるのです。

他の部署との話し合いをすることで、単一の考えから脱却できれば新しいアイデアが生まれ新商品の開発の手助けになります。実際にレンタルコーヒーサーバーを設置し、休憩時間を作った企業の多くはそこで生まれた新しいアイデアで利益につなげている会社が多いのです。

 

福利厚生としてレンタルコーヒーサーバーの設置が増えているのは、移動時間の短縮による休憩時間の創出とおいしいコーヒーとお茶を飲める場所を提供することで心身の健康を保つためです。集中力というのは2時間が限度なので、それを超えると心身に負担となります。

企業は従業員が働きやすい環境づくりをすることが大事なので、レンタルコーヒーサーバーはその効果に一役買えるのです。さらにレンタルコーヒーサーバーは、人材交流の場としても役に立つので話し合いが新しいアイデアを生み出し企業の利益にもつながります。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧