【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーの耐用年数の目安

公開日:2021/07/01  最終更新日:2021/04/12


レンタルコーヒーサーバーの耐用年数はどれぐらいなのか、知っておくとメンテナンスの時にも役立ちます。基本的にはレンタルの場合はメンテナンスなども込みですし、故障したり修理が必要な場合は交換してもらえますので心配することはありません。購入して使っているのであれば耐用年数はある程度知っておくと、買い替えの目安となるでしょう。

コーヒーサーバーは電化製品なので大体10年が寿命

コーヒーサーバーは、種類にもよりますが電化製品ですので大体寿命は10年といわれています。しかしあくまでもメーカー側のいっている事で、実際にはそれよりも長く使えるというケースも多いです。

モーターなど電気が関係する部分は故障するとすぐに使えなくなったりしますが、部品の劣化というのはわかりづらい部分も有りますのでメンテナンスをしておくと安心です。ゴムパッキンなどが必要なコーヒーサーバーの場合は、その部品を交換すればまた使えるということも有りますが、製造中止してから一定期間を過ぎるとその部品は手に入らなくなってしまうため要注意です。

そうなれば本体ごと交換することになりますし、コストがかかります。部品交換ですむのであればその方がコストも安くすむため検討してみるとよいでしょう。故障したときに何が壊れているのかわからない場合は、メーカーに問い合わせれば対処法を教えてもらうこともできます。

レンタルコーヒーサーバーなら耐用年数は関係なし

コーヒーサーバーをオフィスや家庭で使う場合、レンタルというサービスを利用できることもあります。とくにオフィスではレンタルできるコーヒーサーバーの種類も豊富ですし、何よりもメンテナンスなどを行ってもらうことができるので楽なのが魅力です。

もし故障してしまった時でも、すぐにスタッフの方が対応してくれるので助かります。故障の場合、すぐに新しいものにかえてもらえたり修理をしてもらえるので安心です。つまり、コーヒーサーバーはレンタルサービスを利用することで、実際には耐用年数が関係ないといえます。

個人で使うにしても、定期的にアタッチメント(コーヒーのカプセルやポッド)を購入すればレンタルも無料で可能というシステムのところもありますし、非常に便利です。

もしコーヒーサーバーが壊れたとしても買い替える必要はありませんし、レンタル期間中は永久保証がついているシステムもおすすめです。それぞれのレンタルサービスによって異なるので比較してみるとよいでしょう。

カプセルの定期購入でレンタルも無料でできる!

コーヒーサーバーの中には、カプセルを定期購入すれば一般の方でもサーバーが無料レンタルできるサービスを行っているメーカーも存在します。オフィスなどで使用する際には、どこの会社も大体は無料で借りることができますし、メンテナンスのスタッフもきてくれたりします。

しかし、個人での利用に関しても、カプセルを定期的に購入するのであれば、コーヒーサーバーを借りることができる場合もあり、必ずしも購入する必要はありません。知らずに購入してしまうともったいないですし、コーヒーを飲む回数が多いという方はレンタルサービスのある業者を検討してみるとよいでしょう。

ちなみに解約も自由にできるケースが多いので心配は無用です。「とりあえず使ってみたい」という方でも気軽に試すことができるのでおすすめです。定期購入による割引率はさまざまですが、基本的には1回当たりに何箱購入するかで変わり、たとえば1回あたり12箱以上買うことで15パーセントの割引が受けられるなど、大変お得です。その際、マシンレンタル時は永久保証されていると安心でしょう。

 

コーヒーサーバーの耐用年数は、電化製品という事を加味すると10年ほどですが、それよりも長く使っている方ももちろんいます。メンテナンスを的確に行っていくことで長く使える可能性も高まりますが、レンタルしたほうが手入れなどの負担が減るうえ、故障時のサポートがあり、実質耐用年数を心配することなくコーヒーサービスを利用できるためおすすめです。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧