【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーは一時間で何杯コーヒーを作れる?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/02


コーヒーサーバーはあるだけで会話のきっかけにもなり、心と脳の休息にもなります。最近は企業や待合スペースなどでレンタルするケースが増えています。

しかし、多くの方が利用しやすい、いつでも好きなときに作れないと意味がありません。そのためにはどのくらいで1杯が淹れられるのかも重要です。

平均的なコーヒーサーバーのスペック

一時間でどのくらいの抽出ペースなのかを基準に、使い勝手を考えるとわかりやすいです。ゆっくりじっくり入れることで美味しさもアップするのは事実です。しかし、コーヒーサーバーでそれを待っていては効率が悪いです。手軽に楽しめる、味わえることが一番ですので、抽出スピードの方に重点置きましょう。

まず、一杯の量ですが平均的に150mlから180mlくらいが多いです。コーヒーカップやマグカップ、紙コップなどに合わせた量です。これを抽出するのにおよそ30秒が必要になります。そのため、純粋に抽出だけなら30秒で1杯が注がれるということになります。

その前後のコップのセットなど含めて1分で1杯と考えると、計算上では一時間で60杯は抽出できることになります。この数字なら人が多いフロアでも十分ですし、多くの方が訪れるような場所でも、限られた方だけではなく希望する方全員に行きわたります。

長時間の連続使用を故意にするのは避けたほうが無難

計算上では想像以上に抽出できますが、実際にはひっきりなしにずっと使い続けることはないでしょう。もし、少しも休ませないで抽出していると、タンクの水がなくなったり、コーヒーの豆や粉末のほうが先になくなることも考えられます。すると、レンタルコーヒーサーバー自体は使えても、その原料が変え時になってしまう可能性もあります。

さらに、抽出するときには熱い蒸気を発生させてコーヒーを入れています。その熱が連続使用を過度に使うことで、どんどん蓄積します。ある程度ならコントロールできるように設計されていますが、さすがに1時間ずっと使うとなると冷え切らないままなので、サーバーにも影響が出る可能性もあります。

何杯か続けて使う分には全く問題はありません。さらに、連続で作った後に1分でも冷却タイムを設けて、また使うなら問題はありません。あくまでも計算上の話なので、無理な使い方はマシンの寿命を考えてもしないほうが良いでしょう。

使うシーンに合わせて機種選びすると無駄がない

コーヒーサーバーはコンパクトなボディに似合わず、とても高い抽出能力を持っています。そのため、多くの方が集まる場所でも十分な対応が可能です。集まる人数によって機種を選ぶと、抽出能力を優先したり、設置スペースを優先したり、さらにはメンテナンスの手軽さを第一に考えたりできるので、自分たちにとって利便性と機能のバランスが取れたサーバーにすることができます。

ひっきりなしに何十人も使うような場所では、それなりに機能も高い機種がおすすめです。逆に数人程度なら大きなサーバーにしなくても十分ですので、その分コンパクトに置けるほうが好ましいです。使う頻度が高ければ、メンテナンスに定期的に来てくれるほうが安全と衛生面でも助かります。

抽出能力と合わせて、使う目的で異なる優先的なことを満たすレンタルコーヒーサーバーを選ぶようにするのが大切です。ただ、最近の商品は技術も進歩しているので、抽出時間は短くて済むものが多いです。

 

コーヒーサーバーは1杯を抽出するのに30秒前後のものが多いです。そこから計算すると一時間では60杯程度は作れます。しかし、あまりにも休みなく長い時間帯稼働させていると、マシンに熱が蓄積するのでトラブルの原因になります。

無理な使い方はせずに、でも大人数でも対応できるような機種を選ぶことで、安心かつストレスなく快適にコーヒーを楽しめます。使う場所やシーンに合わせてレンタルをすると、無駄もなく癒しのコーヒーで和む時間を過ごせます。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧