【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーはマシンによって飲めるものが違うの?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/02


レンタルコーヒーサーバーを利用するときには選ぶマシンによって飲めるものが違うのでしょうか。いくつもの業者が提供してくれているのでどのサービスを利用したら良いかと悩んでしまいがちですが、飲めるものが違うのなら決められるかもしれないと思う人もいるでしょう。ここでは飲めるものの違いを確認しておきましょう。

レンタルコーヒーサーバーの仕組みを知ろう

マシンによって飲めるコーヒーが異なるのがレンタルコーヒーサーバーの特徴ですが、なぜそうなのかを理解するには仕組みを知ることが大切です。ポットのみをレンタルする場合には自由に自分でコーヒーを選んで淹れることができますが、オフィス用のサーバーを借りた場合にはその自由度は低くなります

原則としてサーバーをレンタルしている業者からコーヒーそのものを買うことになるからです。そのマシンに合っているものを業者が用意してくれる仕組みになっているので、マシンを選ぶと必然的にコーヒーも決まることになります。

飲めるコーヒーそのものが違っている

業者によって扱っているコーヒーに違いがあるので、どのマシンを選ぶかによってコーヒーそのものがまず異なります。産地やブレンドの仕方だけでなく、焙煎の仕方や挽き方についても違うので好みのものを選び出すことが重要になります。

マシンによっては焙煎した豆を入れておくとミルでその場で挽いてコーヒーを淹れてくれる場合もあり、機能が充実しているマシンなら挽き具合を調整することも可能です。抽出時間やコーヒーの豆や粉の量を調節することで濃さを変えられるようになっているマシンもあります。

このようにコーヒーそのものが違うことに加え、レギュラーコーヒーではなくインスタントコーヒーを使っているマシンもあるのは念頭に置いておきましょう。インスタントのほうが味や香りが安定していて早く淹れられるメリットがある一方、レギュラーコーヒーのほうが味わいや風味が良くて好きという人も多いからです。現場によってどちらを入れたら良いかはケースバイケースなので気をつけておきたい点でしょう。

マシンによってバリエーションも違う

マシンによってもっとメニューのバリエーションが豊富なこともあります。ブラックコーヒーのみしか淹れられないマシンもありますが、砂糖やミルクを自動で入れてくれるものもあり、忙しい現場では重宝されるでしょう。

コーヒーだけでなくコーヒーベースの飲み物を一通り作れるサーバーも存在し、カプチーノやカフェオレなどをホットでもアイスでも出すことが可能です。さらにワンランク上のマシンを手に入れるとエスプレッソも入れられるようになるので、通の人がいたとしても満足してもらうことができます。

一方、レンタルコーヒーサーバーの中にはドリンクサーバーとして機能するものもあります。コーヒーだけでなく他の飲み物も出せるようになっていて、豊富なラインナップの中から数種類を選んでセットしておく仕組みになっているのが一般的です。

コーヒー類だけでなくココアや紅茶、緑茶やウーロン茶が取り入れられているのが通例で、他にもスープや味噌汁などを盛り込んでいるサーバーもあります。

 

どんなコーヒーが飲めるのかはレンタルコーヒーサーバーを選ぶうえで重要なポイントで、マシンによって入れられるコーヒーには違いがあります。原則としてレンタル業者からコーヒーを買う形になるからで、コーヒーそのものの産地や焙煎具合などにはかなりの差があるのです。

また、マシンの機能による違いもあり、濃さを調節できたり、カプチーノなどを入れられることもあります。さらにドリンクサーバーになっているものなら紅茶などの他の飲み物も選択することできるので、サーバーを選ぶときには十分に比較検討しましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧