【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーでも飲める!ブレンドコーヒーとはどんなもの?

公開日:2021/04/01  最終更新日:2021/03/08


オフィスでも活躍するコーヒーサーバーをレンタルする場合、専用のコーヒー豆やすぐに使える粉末のコーヒー豆、あるいは濃縮液を利用するケースがあります。そして、それらの中にはブレンドコーヒーが用意されていることも多いです。ここではコーヒーに関連してしばしば目にする豆のブレンドについて、詳しくご紹介します。

コーヒーサーバーにも多いブレンドとは

オフィスで提供されることの多い飲み物の代表格であるコーヒーとお茶ですが、お茶に関しては複数の種類を混ぜている物はあまりないと考えがちです。しかし、産地や収穫時期による味の変化が重要な緑茶をはじめとする日本茶や中国茶以外は、産地や収穫時期の異なる豆や茶葉を混合することで、安定した価格と味を実現しています。

また、茶葉にミントなどのハーブや大麦など風味のよい物を混合したお茶のように、複数の材料を混合して抽出することで独自の風味が生まれる飲み物もあります。

ブレンドコーヒーは味の安定と独特な風味の両面を実現する飲み物で、とくに産地によって苦みや酸味の強さ、コクの深さや香りの特徴に大きな差があり、単独の産地の豆を味わうストレートだと好みがわかれやすいです。そのため、それぞれの産地の豆の長所を生かすことができるブレンドコーヒーは多くの人が楽しめるので、レンタル可能なコーヒーサーバーにも広く採用されています。

ブレンドコーヒーは奥の深い飲み物

ブレンドコーヒーはただ単に豆を混ぜて抽出する飲み物ではなく、焙煎の度合いや産地など、さまざまな要素を組み合わせて調合する非常に繊細な飲み物です。コーヒーはその産地によって個性が異なるため、特徴の違いを楽しむならストレートでの抽出が適しています。

また、焙煎の深さを変えて飲用する場合もあり、ブラックで飲用する場合とミルクを合わせるカフェオレなどにする時は、それぞれ異なった物が用いられます。産地と焙煎という要素の組み合わせでより奥深くなるコーヒーをさらに楽しむためには、特徴的な香りの調合で生まれる香水のように、個性的な豆の組み合わせで生まれる香りと味わいも重要な要素です。

とはいえ、このように奥深いブレンドコーヒーは豆の味と特性を知り尽くしていなければ最適な配合になりません。しかしながら、レンタルで利用できるコーヒーサーバーの場合、専用の豆は最適な調合になっているので、気軽に味わえるのがメリットです。

コーヒーサーバーを選ぶなら豆にも注目しよう

コーヒーの中にはキリマンジャロブレンドなど、有名な産地の豆を筆頭にさまざまな産地の豆を組み合わせたタイプの物も少なくありません。こうしたブレンドには一定の基準があり、たとえばキリマンジャロブレンドならキリマンジャロが30%以上含まれている必要があるのです。

このようなコーヒーはその産地の特徴だけを味わうことはできませんが、好みの別れやすい苦みや酸味のバランスが整い、急激な価格変動が起こりにくいというメリットがあります。もしオフィスのように多くの方が利用する場所でコーヒーサーバーをレンタルするのであれば、その用途に合わせた豆のラインナップにすることが重要です。

とりわけ一度にたくさんの量を抽出して提供する場合は、不特定多数の方に提供することになるので、くせの少ない味の物が適しています。メーカーによっては苦みや香りの特徴が異なるブレンド豆も用意されているので、レンタルの前には一度チェックするのがおすすめです。

 

ブレンドコーヒーは多くの人が美味しく飲むことのできるコーヒーで、味や価格が安定しているのがメリットです。レンタルできるコーヒーサーバーでも抽出できるので、迷った時には使用できるブレンド豆の特徴も参考になります。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧