【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーとコンビニコーヒーの味の違い

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/11/18


コンビニまで休憩時間にコーヒーを買いに行く場合、貴重な休憩時間を使ってしまいます。オフィスでコンビニコーヒーに負けない味のおいしい珈琲を用意できるように、レンタルコーヒーサーバーに注目することで、社員みんなが喜んでくれる職場環境を作っていくことができます。

味の違いを楽しみながらコーヒーを飲む

コンビニコーヒーは、お店によって味に違いがあり、他社に負けないようにさらに上を目指して改良を加える努力を行っています。さっぱりとした飲みやすさでアメリカンに近くした商品もありますし、香ばしく酸味もあり、飲みやすい商品が多いです。コンビニコーヒーは、幅広い世代のお客が注文して飲むため、飲みやすさにこだわった味になっています。

レンタルコーヒーサーバーの珈琲もおいしく、抽出方法によって、味に違いが出てきます。たとえば、ドリップ式は、コーヒー豆を挽いてできるコーヒー粉にお湯を回しながらかけていき、蒸らしてゆっくりと抽出する方法です。香りも楽しむことができ、ほどよい苦みと酸味があります。

淹れ方を細かく指定できるコーヒーサーバーもあるため、自分に合った好みの味に調整することが可能です。レンタルコーヒーサーバーは自分好みに味を調整できるものがあり、コンビニコーヒーは、幅広い世代の方が飲みやすい商品が充実しています。

値段の違いに注目することも大切

コンビニコーヒーは、Sサイズは100円で購入できますし、サイズを少し大きくしても、150円ほどで購入できます。とても安く美味しい珈琲を飲むことができますが、毎日コンビニでコーヒーを飲む場合、1ヶ月で数千円も使ってしまうことになります。

レンタルコーヒーサーバーをオフィスに設置する職場も多く、オフィスの福利厚生でおいしい珈琲を気軽に飲むことができます。オフィスの福利厚生なら、社員が値段を気にすることなく、美味しい珈琲を休憩時間に飲めます。経営者にとっても、レンタルコーヒーサーバーなら、1杯あたり数十円ほどで飲むことができるため、低コストです。

サーバーを購入するのではなく、レンタルすることで初期費用を抑えることができますし、サービス利用料金を支払うことで、メンテナンスや清掃も代わりに業者が進めてくれるため、手間がかかりません。予算などに応じて自由に選べるように対応してくれるサービスもあるため、オフィスに合ったコーヒーサーバーを設置できます。

オフィスの福利厚生で取り入れるメリット

レンタルコーヒーサーバーは、オフィスの福利厚生で人気が高く、設置を検討する企業がたくさんあります。コーヒーサーバーで社員がみんな平等においしい珈琲を飲むことができると、休憩時間にリラックスできる時間を提供できます。

また、珈琲を飲むために、コンビニまで買いに行く必要なく、オフィス内でおいしい珈琲をすぐに飲むことができるメリットがあります。寒い冬や雨が降っているときなど、わざわざ外までコーヒーを買いに行くのが面倒に感じる方もたくさんいます。

手間なく美味しい珈琲を飲むことができるように、オフィス内にレンタルコーヒーサーバーを設置するメリットは大きいです。仕事で忙しい中で、休憩時間はとても貴重なので外に出る必要がなくなり、時間を大切に使えるようになります。

時間に余裕を持つことができれば、社員同士のコミュニケーションの機会も増えるため、たくさん話をした結果、仕事で活かせる情報のやり取りができる場合もあるため、いい仕事ができます。

 

コンビニコーヒーは、幅広い世代の方が飲みやすい味になっており、レンタルコーヒーサーバーは、自分好みの味に調整できるものもあるため、苦みや酸味を強くすることも可能です。淹れ方にこだわりを持っている方は、レンタルコーヒーサーバーで自分好みに調整することをおすすめします。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧