【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーのレンタルとリースの違いとは

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/11/18


最近はコーヒーサーバーを導入する企業も増えてきました。サーバーがあれば、効率よく気分転換できますし、職場のコミュニケーション促進にも役立つなどさまざまなメリットがあります。とはいえ、購入ではそれなりの初期費用も必要になります。ここからは、気軽に導入できるレンタルやリースについて書いていきます。

購入するメリットとデメリットを知る

香り高いコーヒーはリラックス効果もありますし、覚醒効果もあるので集中力をアップさせ仕事に集中できる効果も期待できます。最近はオフィスに導入することも増えてきましたが、購入であれば自由にマシンを選ぶことができます。とはいえ、購入となるとそれなりの初期費用が発生しますし、導入後のメンテナンスは基本的に自社で行うことになります。

さらに、品切れにならないよう定期的に在庫管理をする必要がありますし、何かと管理に手間がかかることは理解しておきましょう。より気軽に導入するのであれば、レンタルやリースを選ぶという方法もあります。

いずれの場合も初期費用を抑えられるのがメリットですが、その違いがよくわからないという人も少なくありません。レンタルもリースも同じようなものというイメージがありますが、実際にはその仕組みには大きな違いもあります。導入する前にはそれぞれの特徴をしっかりと理解し、最適なサービスを選んでいきましょう。

短期間で利用したい場合におすすめ

初期費用を抑えて、コーヒーサーバーを導入するのであればレンタルも検討してみましょう。マシンは購入する必要はありませんので、初期費用の負担を抑えて導入できるのはメリットです。メンテナンスも基本的に業者が行ってくれますので、導入後の管理やメンテナンスで悩む心配もありません。

購入の場合は新品から好きな機種を選ぶことができますが、レンタルの場合は中古品が用意されることがほとんどで、選べる機種にも限りがあります。数日など短期間から利用できるのがメリットですが、数年など長期に利用するとなると、意外とコストがかかってしまうこともあります。

契約が終了すれば、マシンは返却するだけなので、処分で悩む心配はありません。マシンはレンタルにすれば、初期費用を抑えられるのがメリットですが、そのかわりコーヒー代は高くなる傾向にあります。業者によって選べるマシンやコーヒーの質の高さ、サービス内容などは違いがあるため、じっくりと比較して最適な業者を選んでいきましょう。

長期間に利用したい場合はリースが向いている

長期間でコーヒーサーバーを利用したい場合は、リースにしたほうが月々の費用の負担が少なくなる傾向にあります。レンタルでは中古機器が用意されることが多くなっていますが、リースの場合は、購入が前提となっているため、新品から好きな機種を選ぶことができます。

リースの場合は多額の購入資金をリース会社に負担してもらい、月々一定の料金を支払うことで利用できるようになります。それゆえ、途中で解約することはできません。レンタルの場合、契約終了後はコーヒーサーバーを業者に返却することになります。リースの場合はどのようになるのかも知っておきたいところですが、契約終了後は返却するだけではなく、再リースを選ぶこともできます。

さらに、買取という選択もありますので、契約が終わったあとはどのように処理するのかも考えておきましょう。故障や不具合がある場合は、最寄りのサービススタッフが駆けつけてくれますので、不調がある場合は連絡をしてください。

 

コーヒーサーバーを初期費用を抑えて導入するのであれば、レンタルやリースが向いています。同じようなサービスというイメージもありますが、実際にはまったく違うものなので契約前にはその違いをしっかりと理解しておくことが大切です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧