【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーにダイエット効果があるって知ってた?ダイエットをより効果的にする飲み方

公開日:2021/09/01  最終更新日:2021/08/06


知らない方も多いかもしれませんが、実はコーヒーにはダイエットにとても効果があるといわれています。では、コーヒーはダイエットにどうして効果があるのでしょうか?この記事ではコーヒーダイエットをより効果的にする飲み方について解説します。コーヒーで気軽にダイエットしたい方は、参考にしてください。

コーヒーのダイエット効果

コーヒーがダイエットに効果がある理由。それはコーヒーに含まれているカフェインやポリフェノールの作用があるからです。そして、コーヒーによる心理的な効果もダイエットに関係すると言われています。

■カフェイン

カフェインには交感神経を刺激する作用があります。そのため基礎代謝が高まり体脂肪の燃焼が促されると考えられています。またカフェインにはリパーゼという消化酵素を活性化させる働きがあるので食事と共にとりこまれる脂肪だけでなく、体内に蓄積された脂肪も取り除く効果が期待されます。

■ポリフェノール(クロロゲン酸)

クロロゲン酸には強い抗酸化作用があります。クロロゲン酸はカフェインと同じように脂肪の蓄積を抑える働きがあります。またクロロゲン酸には自律神経の働きを高める作用があるので肥満予防に効果的だと言われています。

■心理的な効果

コーヒーのリフレッシュ効果もダイエットへの効果が期待されます。イライラしたり気持ちが不安定な時はどうしても食べすぎたり、飲み過ぎたりしがちです。コーヒーをゆっくりと飲んで気持ちをリラックスし気分をリフレッシュすることで過食を防ぐことができます。また、コーヒーを飲んだらおやつは終わりの合図だと習慣づけることもダイエットに効果があります。

コーヒーダイエットをするなら

では、コーヒーダイエットするなら、どのような飲み方をすればよいのでしょうか?

■ブラックで

コーヒー自体はカロリーが低い飲み物です。ブラックコーヒー1杯200mlとしてカロリー6kcalです。しかしそこに14kcalのポーションミルクを入れると20kcalになります。16kcalの砂糖を入れると22kcalになります。

せっかくカロリーが低いコーヒーに甘さを加えるとカロリー摂取量が増えてしまいます。1杯はわずかな量だと思ってしまいますが、1日に何杯もコーヒーを飲むとミルクや砂糖と一緒に飲むことでカロリー摂取は大幅に増えてしまいます。また、砂糖やミルクはカフェインの効果をおさえてしまう働きもあると言われています。ダイエットの効果を求めるならコーヒーはブラックで飲むのが効果的です。

■インスタントよりドリップコーヒーを

ドリップコーヒーとインスタントコーヒーでは、同じブラックでもドリップコーヒーの方がカフェインとクロロゲン酸を多く含みます。またクロロゲン酸は熱に弱いことから、コーヒー豆は深煎りのものより浅煎りのものの方が含有量が多いです。

そのため、ダイエット効果を期待するなら浅煎りのドリップコーヒーを飲むのがおすすめです。とはいえ、ブラックコーヒーの苦みが好みでないと感じる人もいるでしょう。その場合は、無脂肪牛乳を利用するのがおすすめです。ブラックに比べて飲みやすくなりますし、ダイエット効果を損ないません。

■アイスよりホットコーヒーを

アイスコーヒーは冷たいので体を冷やし、代謝をおとすのでお勧めできません。ダイエットにはホットコーヒーが体をあたため代謝を促すので効果的です。クロロゲン酸は熱に弱いので、熱すぎるコーヒーではダイエット効果が出にくいです。80℃くらいの湯温がカフェインやポリフェノールのダイエット効果を促進させる適温だと言われています。

飲むタイミング

ダイエットに効果があるコーヒーを飲むタイミングはいつがよいでしょうか。また逆に飲まない方がよいのはいつでしょうか。

食後30分。運動前30分がお勧め

コーヒーは空腹時に飲むと胃酸を分泌しやすいので避けましょう。食後のコーヒーはカフェインが胃腸の動きを促進するため消化が良くなり、代謝も高くなるため痩せやすく、ダイエットに効果的だとされています。しかも食後30分以内に飲むと、脂肪吸収を抑える効果がさらに強くなります。また、入浴前や運動を始める20分~30分くらい前に飲むことで、さらに脂肪燃焼効果が高まります。

就寝前は避ける

夜寝る前にコーヒーを飲むと眠りが浅くなってしまい、睡眠不足につながります。睡眠不足は気持ちが不安定になり食べ過ぎを招いてしまいますので寝る前にコーヒーを飲むのは避けましょう。

1日に飲む量は?

欧州食品安全機関(EFSA)は、健康を維持するために望ましいカフェイン摂取量について、成人では1日400mg未満に抑え、1回の摂取量が200mgを超えないようにするべきだと提言しています。通常のコーヒーなら1日のカフェインの摂取量は4〜5杯までが適当な量になります。カフェインの効果は2時間~3時間続くとされていますので、一度にまとめて飲まずに何回かに分けて飲む方が効果時間が長くなってダイエットに効果的です。

 

ダイエットに効果があるといわれるコーヒーですが、あくまでもダイエットの補助をしてくれるものです。飲み過ぎると体にダメージを与えます。飲み過ぎとタイミングに注意して、健康的にダイエットを楽しんでください。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧