【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーの味は美味しい?

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/21

自宅やオフィスで手軽に本格的な味を楽しめるコーヒーサーバーは、レンタルにすることでいつでも美味しいコーヒーが飲めるようになる他、清掃やメンテナンスもプロが担当してくれます。ポット型とマシン型の2種類がありますが、どちらがよいということはなく、それぞれのコーヒーの楽しみ方に応じて自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

コーヒーサーバーのレンタルで手軽に本格的な味を再現

自宅やオフィスで普段からよくコーヒーを飲んでいる場合、インスタントコーヒーが手軽ですが、どうしても味や香りが本来のものより落ちてしまいます。挽いた豆から作れば本格的な風味を楽しめますが、よほど趣味として楽しむのではない限り、手間暇がかかるため、飲みたい時に飲むということは困難です。

このような時にコーヒーサーバーを置くことで、普段の生活の中ででも手軽に美味しいコーヒーを楽しめるようになります。コーヒーサーバーはレンタルすることでメンテナンス受けられる他、コーヒー豆を自分で用意する手間が省けます。

加えて、不要になった場合や機器の交換をする際にも、コーヒーサーバーを処分する費用や手間がかかりません。また、お店でコーヒーをテイクアウトすると割高となり、持ち帰る手間もかかりますが、コーヒーサーバーを用いることで飲みたい時にいつでも飲める他、テイクアウトよりも割安に抑えることが可能です。

オフィスでコーヒーサーバーをレンタルするメリット

自宅やオフィスにコーヒーサーバーを設置する際、レンタルにする事で清掃やメンテナンスを定期的に受けることが可能です。購入するとこれらの作業は自身で行う必要性が出てくる他、その道のプロではないため、十分な清掃やメンテナンスを行えないといったことも起こり得ます。

オフィスにおいてはとくに、仕事の効率や人間関係の良好さを保つためにも、これらの手間は業者に任せる方がおすすめです。従業員の増減に応じてマシンの数を調整する際にも、レンタルの方が柔軟に対応できることが多いでしょう。

オフィスに来客があった場合でも、手間をかけずに淹れたての美味しいコーヒーをお出しすることが可能です。オフィスにコーヒーサーバーがあれば従業員も手軽に気分転換できますし、コーヒーを買いに一旦外へ出る必要もなくなります。手軽にコーヒーが飲めることで従業員の集中力アップにもつながりやすくなりますし、気分転換にもなることが期待できます。

自分に合ったコーヒーサーバーの選び方とは

コーヒーサーバーは、大まかにポット型とマシン型の2種類に分ける事が可能です。機種にもよりますが、ポット型は一度に5杯前後とたくさんのコーヒーを作れる一方で、マシン型は1杯ずつとなります。また、ポット型は本格的な味わいを楽しめますが、マシン型は使用するカプセルによって、さまざまな種類のコーヒーに加え、紅茶や抹茶なども楽しむことが可能です。

これらのコーヒーサーバーにはそれぞれの特徴があるため、どちらがよいかというのではなく、自分の目的に応じて選ぶようにします。たとえば、皆同じタイミングでコーヒーを飲む事が多い場合には、ポット型の方がおすすめです。

一方で、オフィスにてそれぞれのタイミングで気分転換のために飲みたいという場合にはマシン型の方が向いています。この他、コーヒーの味わいにこだわりたい場合にはポット型が向いていますが、コーヒーだけでなく、紅茶や抹茶などさまざまな飲み物を手軽に楽しみたいという場合には、マシン型がおすすめです。

 

コーヒーサーバーは、レンタルにすることで清掃やメンテナンスの手間が省ける他、不要になった際の処分や交換も手軽に行えるようになります。オフィスに導入することで、従業員がいつでも気分転換できるようになるほか、集中力アップにもつなげることが可能です。レンタルの際には飲み方や好みなど、目的に合わせてポット型かマシン型かを選ぶようにします。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧