【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーの美味しい入れ方は?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/01/22

レンタルできるコーヒーサーバーにはいくつもの種類がありますが、どれも機械仕掛けで本格的なコーヒーが作れるように工夫されているはずです。せっかくお金を払ってレンタルしているので、その魅力を最大限に活用できるに超したことはありません。ではどのような部分に意識を向けると、コーヒーサーバーを活かせるのかを考えてみましょう。

メーカーの指示にしっかり従おう

コーヒーサーバーは基本的に機械と専用のコーヒー豆がセットになっていて、それ以外の組み合わせはできたとしても推奨されていないことが多いです。なぜなら試行錯誤を繰り返した結果で、美味しくなるように機械とコーヒー豆の両方で調整されているからです。

もちろん飲むたびに専門家が目の前でコーヒーを入れるわけにはいかないので、重要な部分を全て機械に任せてあります。つまり操作は利用する人がおこなっていたとしても、専門家のような役割を持っているのはコーヒーサーバー側だと考えると良いでしょう。

たとえ機械に他のコーヒー豆や粉を入れることができたとしても、専用のもの以外は使用しないようにしましょう。中には美味しくなる例外もあるかもしれませんが、後の仕上がりにも影響しかねないのでやらないほうが無難です。メーカーの指示に従ったうえでサーバーが自動で作ってくれるコーヒーが、最も美味しい状態であるはずなのです。

自分の好みにあった機能の把握が重要

レンタルコーヒーサーバーは、ほとんどがカップを置いてボタンを押すだけでコーヒーを作ってくれます。しかし仕上がりにはアレンジを加えることができるものも多く、エスプレッソやカプチーノなど多種多様です。

もちろん好みは人それぞれなので、細かな設定をコントロールできるのであれば、自分が美味しいと感じた入れ方を覚えておくことが大切です。そのためにも利用し始めの頃は、推奨されている定番設定などいろいろと試行錯誤してみましょう。

使用するまでの豆の取り扱いにも注意が必要

レンタルサーバーでは定期的にコーヒー豆や粉がまとめて送られてきて、それを少しずつ使用していくのが基本の形です。しかしそのコーヒー豆の扱いを疎かにすると、味が悪くなってしまう怖れもあります。

コーヒーは種類を問わずに空気に触れると、酸素と結び付く酸化反応を起こします。そうすると味に酸っぱさが出てきますが、これが苦みの中に混じると余計な雑味になってしまいます。長時間空気に触れ続けるとその分酸化も進むため、後になればなるほど味が劣化してしまう怖れがあります。

そうならないために、未使用分はなるべく酸素に触れない環境で保管しておくことが大切です。封を開けたそのタイミング最も新鮮な状態で、それをどれだけ維持できるかが美味しさに大きく関わります。利用するサービスによってはコーヒーの劣化をわかったうえで、一杯ずつ個包装されているなどの工夫が施されていることもあります。

そのような場合だと空気に関しては特に気にする必要はありませんが、大量のパックの中から使用分を取り出す形であれば注意しましょう。

利用する前であれば一度注意書きを確認してみると、空気の流れが少なく酸化を抑えることができる冷暗所で保管するように指示されているはずです。場合によっては鮮度を保つために、冷蔵庫での保管が推奨されていることもあります。

 

レンタルできるコービーサーバーは少ない手順だけで、いつでも自動で美味しいコーヒーを作ってくれます。そして最も新しく、なおかつ推奨されている手順をしっかり守って作ったコーヒーが、最高に美味しい状態と言えます。重要なのはいつ使用してもその状態を再現するということで、どれだけ劣化を防げるかという意味でもあります。

なので使いやすさに甘えて到着してから直感で操作するのではなく、どのような機能があるのかなど細かな部分までしっかり把握したうえで使用するようにしましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧