デカフェコーヒーってどうやって作るの?プロセスを紹介 | オフィス用コーヒー(マシン)サーバーレンタルおすすめ5選

【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

デカフェコーヒーってどうやって作るの?プロセスを紹介

公開日:2024/02/01  最終更新日:2023/12/19

 

?

コーヒーは世界中で愛されている飲み物ですが、カフェインに敏感な人や夜遅くにコーヒーを楽しみたい人のために、デカフェコーヒーが存在します。では、どのようにしてカフェインを取り除いたデカフェコーヒーが作られるのでしょうか?この記事では、デカフェコーヒーの基本からデカフェ化する方法、そして自宅でのDIYについて掘り下げます。

デカフェコーヒーの基本

デカフェコーヒーは、通常のコーヒー豆からカフェインを除去したものです。

このプロセスは、コーヒー豆の風味を保ちながらカフェインだけを取り除くことを目指しています。カフェインは、多くの人にとって刺激物であり、睡眠障害や心臓への影響などの理由から避けられることがあります。

デカフェコーヒーは、これらの問題を解決しながら、コーヒーの楽しみを提供します。さらにデカフェコーヒーは、一般的に通常のコーヒーよりも少し酸味が抑えられ、まろやかで穏やかな味わいがあります。

そのため、カフェインを避けたいけれどもコーヒーの風味を楽しみたいという人々にとって理想的な選択肢と言えるでしょう。また、デカフェコーヒーはカフェインが気になる妊婦や授乳中の母親にも適しています。

デカフェ化する3つの方法

デカフェコーヒーを作るためには、主に3つの方法があります。カフェインを抽出するための手法は、それぞれ異なる特徴と味わいをもたらします。

水でデカフェ化する方法

最も一般的なデカフェ化方法の一つは、を使用するものです。

生豆に水をかけ、カフェインを抽出します。このプロセスでは、デカフェにするコーヒー豆の特性を損なうことなく、豆の風味を保持できます。

有機溶媒でデカフェ化する方法

有機溶媒を用いたデカフェ化方法もあります。

この手法では、エチルアセテートやメチレンクロライドなどの有機化合物を使用してカフェインを抽出します。ただし、注意が必要であり、残留物が残らないよう慎重に行う必要があります。

炭酸ガスでデカフェ化する方法

近年では、二酸化炭素を用いたデカフェ化方法も注目を集めています。

液体二酸化炭素を高い圧力と低温で使用し、カフェインを取り除きます。この方法は水でデカフェ化するよりも繊細な風味を生かすことができ、人気を集めています。

これらのデカフェ化方法は、それぞれ得意な豆や風味の特長があります。好みや用途に応じて、適切なデカフェ化方法を選ぶことで、美味しいデカフェコーヒーを楽しむことができます。

デカフェはDIYで作れない?

家庭でデカフェコーヒーを作ることは、技術的には非常に難しいです。

デカフェ化プロセスは複雑で、特殊な機器や技術が必要となります。とくに、デカフェ化の過程でコーヒー豆の風味が損なわれないようにするには、高度な技術も求められます。これらの技術的な要素は、一般家庭では簡単には再現できません。

しかし、市販のデカフェコーヒー豆を選ぶことで、手軽にデカフェのコーヒーを楽しめます。多くのコーヒー豆メーカーがデカフェのバリエーションを提供しており、これらの商品を利用すれば、専門の技術を必要とせずに美味しいデカフェコーヒーを楽しむことが可能です。

まとめ

デカフェコーヒーは、通常のコーヒー豆からカフェインを取り除いた飲み物で、水、有機溶媒、炭酸ガスの3つの方法でデカフェ化されます。水でのデカフェ化は豆の風味を保ちつつカフェインを抽出し、有機溶媒を使用する方法では注意が必要ですが、カフェインを効果的に取り除きます。近年注目の炭酸ガスデカフェは、高圧低温で二酸化炭素を使用し、繊細な風味を生かす特長があります。しかし、これらのデカフェ化プロセスは複雑で特殊な機器や技術が必要であり、家庭でのDIYは非常に難しいです。しかし、市販のデカフェコーヒー豆を利用すれば、手軽にデカフェの味わいを楽しめます。多くのコーヒー豆メーカーがデカフェのバリエーションを提供しており、これらの商品は専門の技術を必要とせずに美味しいデカフェコーヒーを楽しむ手段となります。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
FVジャパンの画像
記事一覧