【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーをレンタルするとどれくらい電気代が増える?

オフィスでコーヒーサーバーなど福利厚生の面で便利なツールを導入する企業が増えてきています。この設備はレンタルをすることができますが、その場合の電気代がどれくらいかかるのか心配する方も多いのではないでしょうか。

実際、サーバー設備を借りて日々運用することでどれくらいのコストがアップするのか紹介していきます。

 

 

 

オフィスに導入される機会が多いサーバー

 

最近は、企業でも働く社員に向けた福利厚生を充実させる傾向が強くなっています。その中でオフィスにコーヒーサーバーを導入する企業が大いに増えてきています。もちろん、従業員が利用するだけでなく、来訪者向けの利用もできるので効率がよく、便利に活用されています。

サーバーを利用するメリットとしては、短時間で簡単にコーヒーを作ることができる点です。ボタン一つでコーヒーやミルクなどの分量を適切に設定してくれたおいしいコーヒーを楽しむことができます。しかも最近のサーバーは作ることのできるコーヒーの種類がとても豊富になっていて、選ぶ楽しさも提供してくれています。このサーバーをレンタルでオフィスに導入することができるサービスがあり、コスト面などを考えてもたいへんメリットのある形態です。

機器のメンテナンスや緊急の修理対応などはすべて業者が行なってくれて、それら保守料金を含めた月額レンタル料を支払うだけで運用をすることができますし、素材としてコーヒーパックなども同じ業者から仕入れることができます。

 

電気使用量は意外に少なくて経済的

 

コーヒーサーバーをレンタルで導入する際に気になることとしては、電気代がどれくらいかかるのかということでしょう。企業の運営側としては利便性とともにコスト面も配慮しないと負担増になってしまっては元も子もありません。サーバーを維持するために要する電気量は、もちろん機種やメーカーにもよりますし、使用頻度や使用の方法によっても変わってきますが、意外に安いといわれています。

あるメーカーの設備を例にすると、毎日23杯のコーヒーを出しても一日当たり100円程度という割安価格で導入できます。もちろん、電気代節約の面で、利用していないときにコンセントを抜いておくと待機電力の節約にもなりますが、これくらいの費用ならそれほど気にすることなく利用することができるのではないでしょうか。むしろ再度起動するための電気使用量もかかるのでコンセント抜き差しは頻度によっては余計に効率が悪いかもしれません。コーヒーサーバーの多くは、常に保温する必要がなく、出力時のみ電気を使用していることからこの電気使用量の安さが実現できています。

 

導入するサーバーを比較して選ぼう

 

意外に電気代は高くならないですが、やはりメーカーによって設備の仕様は異なりますので、気になる方は十分比較してみることをおすすめします。

仕様をチェックすると、電気使用量の目安が記載されているはずです。インターネットでコーヒーメーカーの紹介及び比較サイトが展開されているので、便利に比較することができるようになっています。このようなサイトではおすすめの設備を紹介してもらうことなどもできるので、一度チェックしてみてはいかがでしょう。便利なサーバーの使い方やメンテナンス方法なども記載されていて参考になります。

 

以上のように、コーヒーサーバーをレンタルした場合に増加する電気代はそれほど気になるレベルではありません。ただ、メーカーや設備の種類によって電気消費量の差はかなりあるので、電気代の節約を考えるなら、レンタル代に加えて設備の電気消費量も比較のポイントに加えるべきです。契約する際にメーカーなど購入先に問い合わせをすれば回答が得られるはずです。

ぜひ、オフィスにおける経済的なサーバー導入に役立ててください。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
記事一覧