【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーのレンタルにかかる費用

日本国内において消費されるコーヒーの殆どがオフィスでの消費が大半を占めているといわれています。

集中力を高めたり、仕事の合間に休憩をする際にはコーヒー休憩を入れることがとても有効なのです。

気になるのがコーヒーサーバーを利用する際にどれだけのお金がかかるのかについてです。

コーヒー、一杯の料金からレンタル料金まで幅広く考察してみましょう。

 

まずは無料レンタルで様子を見る

大手の企業の場合、会社の経費でコーヒーサーバーをレンタルしています。

中小企業の場合には導入を考えている所も多いと言われていますが、その導入に際してぜひとも利用したいのがコーヒーサーバーの無料レンタルサービスです。

コーヒーサーバーを広く取り扱っていてオフィスに卸している会社側としては、まずは利用してもらってそのサービスに納得してもらった上で利用を開始することができる無料サービスを実施しています。

企業によってサービス内容が異なるため、自分の好きなメーカーのコーヒーが利用できるサーバーを選ぶのも一つの方法ではないでしょうか。

コーヒーサーバー本体のレンタルはずっと無料のところも多く、ドリンクのサービスのみの費用でできる所も多いです。

万が一故障をしてしまった場合であっても、すぐに業者のスタッフがやってきて交換や修理といったアフターサービスも充実しています。

どこのメーカーを使用するのか迷っている場合には、まずは気軽に利用できる無料サービスを利用してみてから決めても遅くはないでしょう。

 

気になるコーヒー一杯あたりの費用

レンタルコーヒーサーバーの利用で気になるのが、コーヒー一杯辺りにどれくらいのお金がかかるかについてです。

ほとんどの企業が会社の経費でコーヒーサーバーを賄っているところがありますが、できるだけ低コストで良質なサービスを社員に提供できれば、社員の満足度も高まるのではないかと考えている会社も多いのではないでしょうか。

調査によれば、レンタルコーヒーサーバーにおけるコーヒー一杯あたりのコストは27円から120円といった幅があります。

種類が多くてフレーバーが充実しているコーヒーサーバーの場合には、それだけ多くの種類を用意しなければならないことから一杯あたりの費用は必然的に高くなってしまいます。

他方で、小さなオフィスでコーヒーのフレーバーは1種類から数種類に限定すれば、それだけコストを抑えることができるのではないでしょうか。

マシンのレンタルに関しては無料の所も多いのですが、オプションやサービス内容によって費用が大きく異なってくるので、導入に際しては十分に検討を要します。

 

短期利用から中長期利用まで幅広く対応

レンタルコーヒーサーバーに関しては、短期から中長期でのレンタルにも幅広く対応しています。

会社で長く使う場合には、サーバーのレンタルよりも購入のほうが結果的に費用を安く抑えることが可能なので、そういった細かいことについては業者と相談して決めることがおすすめです。

ちょっとした会議や打ち合わせでレンタルサーバーを使用したいという場合においてもレンタルすることができるシステムが充実しています。

大企業や来客が多いオフィスでは、お客さんでも気軽に利用することができる大型のマシンを設置しておけば、自由にコーヒーを始めとするドリンクを飲んでいただくことができるため、会社の規模に合わせたマシンの設置をお勧めしています。

中長期で利用することによってかかる経費を抑えることができる場合もあります。

また、社員やスタッフ個人からコーヒー代を徴収しているオフィスであれば、その都度誰がどれだけ飲んだかわかるようなマシンをレンタルすることも利用をする上では便利に利用することができるのではないでしょうか。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
記事一覧