【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーの仕組みとは?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/12/02


コーヒーサーバーのレンタルサービスが、どんな仕組みになっているのかわからずに困っている人もいるでしょう。受けられるサービス内容や、どのような形で料金が発生するのか、そして運用の仕方の基本について紹介します。

受けられるサービスはどのようなものか

レンタルコーヒーサーバーのサービスに申し込むとまずコーヒーサーバーを現場に設置してもらうことができます。そのコーヒーサーバーは契約によって借りている期間中は自由に使用することができる仕組みになっていて、抽出回数がどのくらい多くても問題はありません。

コーヒーを淹れるために必要になるコーヒーの豆や粉、あるいはインスタントコーヒーやカプセルコーヒーなどは業者から直接購入することが可能で、定期的に配送してもらえるサービスもあります。サーバーの種類によっては業者から直接購入しなくても、スーパーなどで販売されているコーヒーを使用することが可能です。

サーバーを利用していると不具合が生じることもありますが、基本的には業者に連絡をすれば無料で修理してもらうことができます。また、定期清掃をしてもらえるサービスがある業者もあり、普段からきれいにするために人材を割かずとも衛生的に運用することができるでしょう。

料金体系はどのように設計されているのか

レンタルコーヒーサーバーは業者にとって利益を生み出せるものでなければならず、料金体系も綿密に設計されたものになっています。業者ごとに詳細は異なっていますが、サーバーのレンタル費用を毎月支払うことで利用できるという点では同じです。契約時に手数料がかかる、メンテナンスのための保守契約の費用がかかるといったケースもあります。

基本的には毎月の支払いはレンタル費用とコーヒーの購入費用だけです。業者が利益を得るためには常に支払いをしてもらえるような仕組みを作らなければならないのは明らかでしょう。

そのため、他から調達したコーヒーを使えるサーバーの場合にはレンタル費用が高めに設定されているのが一般的です。逆にその業者から取り寄せたコーヒーしか使えない場合にはコーヒーの購入費用で稼げるのでレンタル費用は無料にしていることもあります。

このようにいくつかのパターンはありますが、初期費用は比較的安いので導入しやすい仕組みになっているのが特徴です。

一般的な運用の仕方について知ろう

レンタルコーヒーサーバーはオフィスの給湯室や執務室などに設置して、従業員が自由に使用できるようにして運用している場合がほとんどです。福利厚生として提供する位置付けになっていて、従業員はコーヒーを淹れるためにお金を払う必要はありません。

従業員のモチベーションを上げるのに貢献するのは明らかでしょう。さらに、気軽に同僚のためにコーヒーを淹れてあげることもでき、良好な職場関係を築き上げるのにも役に立っています。

このような形で運用する際に問題になるのがコーヒーサーバーのメンテナンスです。機械的な故障が起こらないように調整したり、コーヒーの豆や粉を足したり、水を汲んだりすることが必要になります。その負担を業者に依頼することで容易に運用できる仕組みを作っているケースも多くなっています。

 

レンタルコーヒーサーバーは契約すると現場にサーバーを設置してもらうことができ、コーヒーの豆や粉を入れて自由に使用できるのが特徴です。業者にはレンタル料を支払う仕組みになっていて、コーヒーの粉などを購入することもできます。

業者は利益を得られるようにするために料金体系を整えているので、どんな形式になっているかはよく確認するようにしましょう。給湯室や執務室に設置して自由に飲めるようにするという運用方法が一般的で、福利厚生としての活用が進められています。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧