【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーは「購入」と「レンタル」どちらが良い?

コーヒーサーバーの導入を考えている場合、最初のポイントになるのが購入するかレンタルを利用するのかという点です。

適した選択肢を考えていくためには、両者のメリットとデメリットの把握が欠かせません。

そこで特徴を把握したうえで、自分の状況に適した選択肢について考えていくようにしましょう。

比較して考えることで、後悔の少ない選択肢を選ぶことにつながります。

 

買うことならではのメリットやデメリットとは?

自社でコーヒーサーバーを購入する場合のメリットの1つに、自由にマシンやコーヒーの種類が選べるという点が挙げられます。

例えばレンタルを利用する場合だと、選べるマシンの種類が限られてしまうこともあります。

買う場合なら選択肢が豊富に用意されているため、使う頻度や目的さらには予算に合わせて適切なものを選択することも可能です。

また安いコーヒーを選べば、低コストで導入できるというメリットもあげられます。

一方で購入する場合のデメリットとして、管理に関する問題が挙げられます。

マシンの清掃やメンテナンスは自社で手配する必要があります。

さらにコーヒーの買い出しも自社で行わなければならないので、品切れがないように定期的に在庫を確認することも忘れないようにしましょう。

ほかにも高いコーヒーサーバーを選ぶと、初期費用が高いというのも買う場合のデメリットがあげられます。

実際に購入する場合には、さまざまな価格帯のマシンが販売されています。

そのため予算に合わせて、状況に適したものを選ぶことも大切です。

 

レンタルを利用することの特徴を知ろう!

最初の購入費用が高いなどのデメリットを避けるために、レンタルを利用したいと考えている方も多くいます。

ではレンタルを利用する場合には、どのようなメリットが存在しているのでしょうか。

特に大きなメリットが、最初のコストを抑えられるという点です。

マシンのレンタルは無料という業者も多いので、初期費用はほとんどかかりません。

さらにマシンの清掃やメンテナンスは業者が行ってくれるので、自社で手配する手間も省けます。

一方でレンタルを利用する場合のデメリットには、選択肢の少なさがあげられます。

利用する業者にもよりますが、レンタルで選べるマシンやコーヒーの種類が絞られるケースも多く見られます。

選択肢が少ないと、自分好みのコーヒーが選べないかもしれません。

そのような点を理解したうえで、利用する業者を選択することも忘れないようにしましょう。

またレンタルの場合の注意点として、コーヒーの価格が割高という点が挙げられます。

そのため長い期間利用することを考えた場合、購入したほうが結果的にお得という可能性もあります。

 

適した選択肢は状況によって異なる

コーヒーサーバーの利用には、購入とレンタルでそれぞれ異なるメリットとデメリットが存在しています。

ここでポイントになるのが、どのような点を重視したいのかは人によって異なるということです。

例えば初期費用を抑えたいならレンタルが向いていますが、長い目で節約したいなら買ったほうが良いケースも見られます。

また選ぶときに重視すべき点の1つに、メンテナンスの問題もあります。

自社で手配するのが面倒なら、レンタルを利用することで業者に清掃やメンテナンスを任せられます。

ですが管理を任せられたとしても、その分の費用が高いということもあるので注意が必要です。

実際にどのような選択肢が適しているのか決めるためには、状況をトータルで考えていくことが大切です。

大事なのは契約する人の目線ではなく、使う人のことまで考えるという点です。

特にオフィスでは導入するのは社長でも、実際に使うのは多くの社員です。

そこで社長目線でコストを抑えることを考えるのではなく、社員の使いやすさを意識することを忘れないようにしましょう。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
記事一覧