【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コンパクトなオフィス向けのコーヒーサーバーはある?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/12/02


大型だと置けない、そうしたオフィスも少なくないでしょう。ここでポイントになるのが、コンパクトサイズのものがあるのか、あるならどれくらいの小ささなのか、という点ではないでしょうか。機能なども合わせてチェックしてみましょう。

レンタルできるサーバー選びのポイント

こだわりの自社焙煎コーヒーを楽しめるオフィスがあるのならば、「ブレイクタイム」というように、仕事の効率化も図れるのではないでしょうか。今では、さまざまな企業にて導入が進むコーヒーサーバーですが、レンタルできることにより、より気軽に設置できるようになりました。

マシンの性能では、カフェマイスターに注目も集まっていて、まるでバリスタが淹れたような本格ドリップコーヒーを毎日飲むことが可能なのです。

しかし、導入するにしても給水方法や、コーヒー以外に何種類の飲料をセットできるのか、選べるコーヒー豆も味は美味しいか、ということも考えなければなりません。レンタルであれ、誰もが使うサーバーですから、使い勝手で選ぶことも大事で、大きさやデザインなども含めれば、考えなければいけないポイントは多岐にわたります。

さらに、規模によって設置するサイズもポイントです。コーヒーを好む社員数が多ければ、1度に100杯以上作り出せる大型サーバーでなければ追いつかないでしょう。しかし、オフィスの規模、設置する場所によってはコンパクトサイズで十分だというケースもあります。そこで気になることといえば、コンパクトなオフィス向けのサーバーがあるのか、という点です。

さまざまなタイプのコーヒーサーバーがある

結論から述べるなら、コンパクトサイズも提供されています。ちなみに、容量が少ないタイプもラインナップされていて、5杯から10杯用のデカンタ・ポットタイプ、挽きたての味を楽しめる1杯取りのドリップコーヒーマシン、こだわり派にはエスプレッソマシンまでが導入可能です。

特に、1杯取り用を充実させている業者が多いそうです。これは、大人数分を1度に淹れたいシチュエーションには向いていませんが、小規模オフィスであれば十分でしょうし、デカンタ・ポットタイプならば大人数分に対応できるでしょう。

このように、大・中・小というサイズ展開があり 、利用法や予算などに応じて自由に選ぶことができます。コンパクトサイズでなければ、空いているスペースがないオフィスもあるでしょう。設置したい場所をまずは確保、大抵の場合、業者のホームページにサーバーの概要とサイズが記載されているので比較・検討もしやすいでしょう。

A4サイズまでがラインナップされている

コンパクトでオフィス向けでも、1度の抽出で大勢に提供しなければならないなら、容量も重要ですが、冷めてしまっては元も子もありません。ですが、サーバーによって機能に違いがあって、保温機能で飲み頃の温度で維持できるタイプもあります。サイズでいえば、高さ520×幅307×奥行き450mmで、豆容量は750g、水タンク容量が1.8ℓというのもおすすめです。

コンパクトなのは床に設置するのではなく、卓上タイプになるでしょう。設置スペースもA4サイズほどという邪魔にならないサイズです。先ほどのサイズと比べて見ても、高さ260×幅162×奥行き305mmのハーフサイズで機能は劣らず、美味しい本格的なコーヒーを飲むことができます。

 

大規模オフィスでも床に設置する大型のコーヒーサーバーが導入されています。社員の仕事の効率化が図れているのが魅力で、小規模オフィスでも導入を検討中というケースがあるほどです。豆や抽出方法だけでなく、コンパクトサイズなど選択肢に幅があります。

床でなく、卓上にしか置くことができない場合にも、しっかり設置できるサイズ展開ですから、予算に合わせて導入してみましょう。今は、レンタルサービスが活用できます。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧