【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーでも飲める!ストレートコーヒーとはどんなもの?

公開日:2021/06/01  最終更新日:2021/03/09


レンタルコーヒーサーバーを使えば、オフィスや家庭で幅広い種類の飲み物を楽しめます。ストレートタイプのコーヒーも気軽に飲むことができますが、この種類のものは、ほかの種類のものにはない独自の魅力があります。ここでは、ストレートのコーヒーとはどのような特徴があるか詳しく紹介するので、興味のある方は参考にしてください。

味わいが異なっている2つの種類の飲み物

レンタルコーヒーサーバーを使用して飲むことができる飲み物の一つがストレートコーヒーです。ストレートとはコーヒーの種類の一つのことで、この言葉の反対の意味で使われているのがブレンドコーヒーです。この2つのものの違いは、使用している豆の種類です。

ストレートは一つの豆だけを使用して作るのが特徴のコーヒーで、ブレンドは複数の豆を一緒に使うのが大きな違いです。この二つの製法で作られたものは、それぞれ味に微妙な違いがあり、コーヒーが好きな人の間でも、それぞれ好みがわかれています。

ストレートの味わいが好きな人もいる一方で、ブレンドの味にこだわっている人もいて、どちらにもそれぞれ魅力があります。コーヒーサーバーの種類によっては、複数の種類のものを一緒に入れられるような場合もあり、さまざまな好みの人が一緒に利用する場所に設置する場合でも、好みに合わせて利用しやすくなっています。人が多い職場に設置する場合にも何かと便利です。

豆の持っている個性をしっかり味わえる作り方

1つの種類から作られているストレートコーヒーは使用する豆にこだわることで、さらにおいしくできます。この場合の1つの種類とは、同じ産地で作られているという意味です。コーヒーは生産されている場所によって名称が異なっていて、モカやエメラルドマウンテンなどはとくに有名な種類です。

生産されている場所により味わいもそれぞれ微妙に異なり、育てられている土壌の違いがコーヒーの味にも影響しています。とくに豆により違いがあるのが苦みや酸味などの味わいです。特定の種類のものによっては、苦みがほかのものより強くなっている場合もあり、苦いコーヒーが好きな人にもおすすめです。

ストレートコーヒーならば、同じ種類の豆だけしか使用していないために、こうした豆の持っている本来の個性をそのまま味わうことができます。ブレンドをすると個性がその分弱まってしまうので、特定のコーヒー豆が好きな人にも人気のある飲み方です。

よく使用されている豆の種類について

レンタルコーヒーサーバーを使用してストレートコーヒーを飲む場合には、豆の種類にも詳しくなっておいた方が、より深くコーヒーを楽しむことができます。味わいのバランスのとれたストレートコーヒーを飲みたい場合に使われることが多いのがブルーマウンテンです。

ブルーマウンテンとは中南米のジャマイカで生産されている豆のことで、島国であるためにも豆の味にも独特の個性があります。ストレートで使用すれば、エメラルドマウンテンの持っているバランスのよさを崩さずに、そのまま味わうことができます。

キリマンジャロもストレートでよく使われている豆で、アフリカのタンザニアが原産地のコーヒーです。酸味がほかの産地のものと比べて強いのが特徴になっています。酸味のあるコーヒーを飲みたいときには、ストレートで使用した方が、強い酸味の個性を損なうことなく飲むことができます。香りもキリマンジャロの特徴の一つで、ほんのりとした甘みがあります。

 

ストレートコーヒーについて紹介してきましたが、レンタルコーヒーサーバーを使用すれば、これらのコーヒーも手軽に飲むことができます。一つの産地の豆しか使用していないことから、コーヒー豆の個性をそのまま味わうことができるので、特定の豆が好きな人にもおすすめの飲み方です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧