【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

失敗しない為にコーヒーサーバーを選ぶポイントを知ろう

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/02/28

レンタルコーヒーサーバーは、導入してから失敗に気づくことがあるようです。

もちろんポイントはサイズであったり、料金でしょうが、本体に着目することもポイントのようで、味のバラつきに繋がることもあります。

 

コーヒーにこだわるならポットタイプ

人気の高いコーヒーサーバーのレンタル業者の中でも、導入して失敗の少ない評価がついている業者では、レギュラーコーヒー用として厳選した2種類から選ぶことができます。

1つ目は小型で場所を取らないデカンタタイプで、大容量の2つのデカンタを保温状態にすることができるので、会議や来客が多いオフィス向きといえます。

もちろん保温プレートの機能性も高く、コーヒーの煮詰まりを予防します。

2つ目はサーモポットタイプで、いわゆる保温ポットです。

ポット部分のみを取り外して持ち運ぶことができることがポイントでしょう。

こうして比較してみればコーヒーサーバーの種類から絞り込むことが失敗を防ぐことになるようです。

まずは形状を比較してみましょう。

先に挙げたようにポットタイプとマシンタイプが提供されています。

ポットタイプは本格的なコーヒーを楽しめる魅力があります。

もちろんマシンタイプも性能に問題はないものの、バリスタが淹れるようなポットタイプには適わないといいます。

その1杯にこだわりたいのなら、高品質なポットタイプが良いでしょう。

 

失敗しないためには形状なども比較してみよう

マシンタイプは簡単な操作方法であることが選ぶ上でポイントになります。

1杯分がすぐにでき、いつ、誰が操作しても味のバラつきがないのが特徴です。

業務が忙しく、時間をかけることもままならないのならマシンタイプがおすすめだといいます。

もちろん複数の人数分が作り置き可能なデカンタ・ポットタイプのみならず、挽きたての味、香りを楽しめる1杯取りのドリップコーヒーサーバーなら、エスプレッソなどのフレーバーも楽しめます。

また、ポットタイプでも形状に違いがあり、独立タイプカラフェと呼ばれるドリッパーが一体化されたものがあります。

独立タイプは背が低く安定しているので、コーヒーを零して床や卓上がシミになるリスクは少ないようです。

ドリッパーとサーバーを揃えるだけあってコストは高めですが、品質は高いです。

カラフェタイプの場合にはコストは安めですから、初期費用をかけたくないオフィスにおすすめです。

今ではデザインもスタイリッシュでオシャレ、カラーもシルバーにブラックなど、大人の飲み物をテーマにしています。

 

飲み物が選べるのならコスト面に着目してみよう

ステンレスカラフェは、保温に優れており、全自動設定であるだけコーヒーの味を均一にしやすいです。

抽出濃度、カップ数、抽出開始時間までが設定されています。

また、豆のうまみを保つグラインダー、大容量の豆ケースでいつでも挽きたてのコーヒーが楽しめますし、容量があるケースならば補充、ホールドし忘れることもありません。

安定を求めるのならば、こちらがおすすめです。

また、マシンタイプの場合、失敗しない選び方として先に挙げたようにコスト面です。

マシンタイプは1杯ごとカプセルで抽出する形が採用されているので、オフィスで確保できる予算に応じて、適切な価格のレンタルコーヒーサーバーを選ぶと良いでしょう。

他にも抽出できるドリンクの種類に着目するのもポイントです。

マシンタイプのコーヒーサーバー、本体はレンタルですがカプセルは自費です。

例えばエスプレッソでは単価も高め、豆の種類も選び放題ですから、予算に合わせてみましょう。

ちなみに省エネ機能のポットサーバーも用意されています。

電気代を節約したいオフィス向きですし、会社の休日に稼動させておくのは勿体ないものですから検討してみましょう。

 

失敗しないためには、どのようなレンタルコーヒーサーバーを選んでみるべきなのか、まずは予算内で探してみましょう。

加えて、種類も絞り込み、ポットタイプなのか、マシンタイプなのか、そうした形からも選んでみることにポイントをおきましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧