【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

持ち運びができるレンタルコーヒーサーバーはある?

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/25

テレワークでの業務が増加する一方、対面でのコミュニケーションが必要な場面も多々あります。そうした時に活躍するのが飲み物を作るコーヒーサーバーです。コーヒーサーバーは購入するよりもレンタルが一般的で、レンタルならではのメリットが多くあります。今回はレンタルコーヒーサーバーのメリットをご紹介します。

オフィスでコーヒーを利用するメリットとは

アクティブワーカーの拠点となるオフィスでも事務作業が中心のオフィスでも、飲み物を準備しているところは多いでしょう。その形はいくつかあり、自動販売機を設置していたり、冷蔵庫に飲料をストックしていたり、ウォーターサーバーを導入している場合もあるでしょう。

このように数ある飲み物の中でも、来客対応や商談時のおもてなしとして、しばしば利用されるのがコーヒーです。事務作業が多い環境であれば、仕事の合間の気分転換にも利用されているものですが、その香りにはリラックス効果があるとも考えられており、緊張感の高まっているオフィスにコーヒーを取り入れるのは、効率的な業務に役立つ可能性もあります。

また、オフィス内にコーヒーサーバーを用意できれば、コンビニやコーヒーショップへ買いに行く時間を省くことが可能になり、自動販売機を利用するよりも経済的なので、社内の会議などでも利用しやすくなるメリットがあるといえます。

コーヒーサーバーをレンタルする注意点

ワンランク上の来客対応や、効率的なオフィス業務を考えるうえで導入を検討したいコーヒーサーバーは、レンタルで利用するのが一般的です。コピー機などと同様に、レンタルによって使用する場合には、初期費用が安く、配送や設置の費用を抑えられるメリットがあります。

機種やレンタルする会社によっては、指定されたコーヒー豆以外使えない、個別の好みに合わせた抽出ができないといった自由度の低さがデメリットになる場合もあります。しかし、手間のかかる清掃などのメンテナンスがプランに組み込まれている場合、手入れの時間を短縮することが可能です。

指定の豆を使う場合も自由度が低く感じられるかもしれませんが、コーヒー豆選びに悩むことがない分、初めての導入なら安心できるといえます。ただし、購入と違って継続的に本体を使用するコストが必要となるので、利用頻度が多い場合は購入も視野に入れるのがよいでしょう。

持ち運び可能なコーヒーサーバーはレンタルで

コーヒーサーバーが必要となるのは給湯室やオフィス内だけではありません。新人研修をはじめとした何らかの研修で外部の貸会議室を利用した業務を行う場合や、展示会のように外部で商談を行う場合、飲み物の準備は一つの問題になります。とりわけ、集中的に講師の話を聞くなど、緊張感の高まりやすい状況が続く時には、リフレッシュする手段を確保することも業務効率をよくする上で重要です。

このような場面で便利なのが、持ち運び可能なコーヒーサーバーであり、こうした時こそレンタルで利用するメリットがあるといえます。レンタル可能なコーヒーサーバーの中には、水道と直結した状態で使用する据え置き式の物もありますが、一般的なコーヒーメーカーと同じように設置場所を選ばないタイプの物もあります。電源のほかに安定した設置場所と必要な量の飲用水を準備する必要はありますが、社外で十分な量のコーヒーを準備するなら、コーヒーサーバーを借りることも考えましょう。

 

レンタルできるコーヒーサーバーにはさまざまな種類があり、用途に応じて持ち運び可能な機種を選ぶことができます。とくに社外での研修や商談を行う時には、その場限りとはいえ、質の高いコーヒーを提供することが、会社のイメージアップや業務に対するモチベーションの向上につながります。そのためにも、持ち運び可能なコーヒーサーバーのレンタルを検討してみませんか。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧