【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーのお手入れ方法は?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/12/02


コーヒーサーバーをレンタルしてしばらく使っているとだんだんと汚れが目立つようになってきてしまいます。きちんと掃除をしていないと衛生面にも不安が出てくることになるでしょう。どのようなお手入れをしていれば安心して使えるのでしょうか。業者から受けられるサービスとの兼ね合いも考えて何をすべきかを明確にしましょう。

業者のサービスをまず確認しよう

ティーサーバーをレンタルしているときには業者がメンテナンスをする仕組みになっている場合がほとんどです。どのくらいの頻度で来てくれて、何をしてくれるのかをまずは確認してみましょう。

一般的なのは半年に一度か年に一度の頻度でオーバーホール的な点検をしてくれるというもので、業者によってはサーバーごと交換してくれます。このときにティーサーバーの内部も外部もきれいに清掃してくれるのが普通なので、少なくとも半年から一年に一度はきれいな状態になるでしょう。ただ、飲み物を扱うものなのでもっと頻繁にきれいしていないと衛生状態を保つことも、汚れが目立たないようにすることもできません。

自動販売機やオフィスコーヒーのサービスのように週に一度くらいの頻度でメンテナンスに来てくれるサービスを提供している業者もあります。日常的にやるべきお手入れも代わりに全てやってくれるので安心で手間もかからないのがメリットです。ただ、標準サービスではなく追加料金がかかる場合が多いので申し込むかどうかをよく検討することが必要でしょう。

基本的なお手入れだけなら実は簡単

ティーサーバーのお手入れはかなり大変なのではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、日常的にやるべきものは実は簡単で、誰にでもできることばかりです。サーバーの種類によって違うので一杯抽出式の場合とポット式の場合で分けて考えてみましょう。

一杯抽出式の場合にはカップを置く台の下にある水受け皿を洗うことが大切です。使っていると少しずつ水が溜まってしまうので、できればすぐに捨てるようにしましょう。水受け皿は開けて中を中性洗剤とスポンジでこすればきれいになります。ポット式の場合にはポットそのものを洗うことが必要で、可能であれば一回抽出するごとに中性洗剤で洗うのがベストです。

次に、水の供給方法がタンク式の場合にはタンクも洗浄するようにしたほうが良いでしょう。材質によって違いもありますが、他の部分と同じで基本的には水と中性洗剤で洗えば十分です。サーバーの内部についてはこれで日常的に必要なお手入れは終わりになります。

外側についてもやるべきことは単純

ティーサーバーの外側についてもやるべきことはとても簡単です。本体に付着している汚れを拭き取れば良いだけだからです。固く絞った濡れ布巾やウェットティッシュなどを使って表面を優しくこすって汚れを落としましょう。

ボタンのところは特に手垢や皮脂で汚れやすいので念入りに拭いておくべきところです。漏電のリスクがあるので電源周りについてはコンセントからプラグを抜いてから拭き、十分に乾いてからコンセントにプラグを差し込むようにしましょう。

 

ティーサーバーをレンタルしたときには業者によるメンテナンスも定期的におこなわれますが、使用者がお手入れをすることも必要な場合がほとんどです。衛生的に使えるようにするには日常的に汚れを取り除かなければならないからです。

水受けの水を捨ててきれいにしたり、ポットやタンクの中をきれいに洗ったりすることが必要になります。どれも簡単な作業なのでやり方さえわかってしまえば誰でもできるでしょう。

点検を主とした定期的なメンテナンスだけでなく、日常的なお手入れまで業者に任せることもできますが、費用がかさんでしまいがちなのでよく吟味して決めるのが大切です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧