【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーの容量はどのくらい?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/11

コーヒーサーバーをレンタルするときは、水のタンクの容量を考える必要があります。コーヒーメーカーは1杯ずつ入れるタイプと、数名分一度に入れることができるタイプに分けることができます。美味しいコーヒーを飲みたい場合は1杯ずつ入れるタイプを選ぶと良いです。手軽に飲みたい場合は数名分入れるタイプを選ぶと効果的です。

家庭用とオフィス用とがあります

コーヒーメーカーにはオフィス用と家庭用とがあります。この違いは水のタンクの大きさになります。家庭用のものは5杯分ぐらいしか一度に淹れることができないです。大体500から600mlくらいの水のタンク容量となります。

オフィス用は2L以上の水を入れることも可能となっています。水の補充はけっこう面倒なことがあるので、手軽に飲みたい場合は水タンクの容量が大きくないタイプを選ぶと良いです。

コーヒーサーバーに求めることはさまざまです。レトロでモダンなデザインのエスプレッソマシンなどは雰囲気があって家庭向けとして人気です。

全自動タイプのコーヒーサーバーも人気です。豆を挽く、淹れるから浄水まで全て全自動でおこなえると便利です。エスプレッソまで全自動で作れるものなどは人気です。こういうタイプは2Lぐらいの水の容量となります。

用途によって必要な水の容量は異なる

コーヒーサーバーを活用するときは豆の新鮮さを保つことを考える必要があります。豆からカプセルに入っていると、豆の鮮度は保たれます。

カプセルに入った豆をセットするタイプは水タンクは3.5Lぐらい必要となりますが、豆の鮮度が落ちてしまうことがない利点があります。このタイプのコーヒーサーバーはドリッパーの掃除が必要ないなど、掃除の手間が省けるのも人気の理由です。

一度にコーヒーを入れることができるタイプでも、水タンクの容量が750ミリリットルと少ないこともあります。コーヒーの量に合わせて蒸らし時間を調整することが可能だったりします。小規模オフィスなどはこのタイプなどが便利です。

求めるコーヒーによってコーヒーサーバーに求める機能は異なります。一度に大量にコーヒーを淹れるには、大容量の水のタンクが必要ですが、家庭用や小規模オフィス向けではそれほど大容量は必要ないです。

便利に使用できることを考えます

大規模オフィスににコーヒーメーカーを設置するときは、水タンクの容量は大きめである必要があります。こうしたときは設置場所を工夫するのも大切です。

ウォーターサーバーの横に設置すると便利なこともあります。ウォーターサーバーの横に設置すると、水の補充が容易となります。

大規模オフィスで使用するときは、一度にたくさんコーヒーを淹れることができるタイプを選ぶ必要があります。大規模オフィスに向いているのは、一度に100杯くらいコーヒー作り出せるタイプなどです。大型のコーヒーサーバーをレンタルするメリットは大きいです。

豆の補充はメンテナンスの業者におこなってもらえますし、コーヒー豆の補充してくる際には清掃やマシンメンテナンスをおこなってくれます。大規模タイプのコーヒーサーバーは掃除やメンテナンスが面倒なのでこうしたサービスはとても有益です。

 

コーヒーサーバーをレンタルするときは、その用途よく考えて用途に合うようなタイプを選ぶ必要があります。レンタルコーヒーサーバーはとても利便性が高くて人気となっています。

何を重視するかでどのようなタイプを選ぶかは異なります。家庭向けで機能や見た目を重視する場合は、コンパクトでデザインが良くて好みのコーヒーを作成できるタイプを選ぶと良いです。大型オフィスなどは一度に大量にコーヒーを作成できるタイプが良いです。こうしたタイプは水タンクに求める容量は大きいものとなります。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧