【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーのレンタルを解約する方法

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/04/12


家庭用・業務用を問わず、レンタルのコーヒーサーバーを利用する場合、解約手続きについて考えるのではないでしょうか。どのように解約できるのか知りたい人のために、この記事では流れや注意点について紹介しています。解約時のトラブルにならないようにするために、コーヒーサーバーのレンタルを検討している人は参考にしてください。

まずは問い合わせることが重要である

コーヒーサーバーのレンタルを業務としている会社の商品が不要になった場合、レンタル業者に問い合わせることが重要です。この時、注意すべきことは業者によって、連絡を取る手段が異なるという点でしょう。これはコーヒーサーバーをレンタルした際に、解約や問い合わせ方法について明記されています。

業者に電話で解約を申し出る方法が多いようですが、メールでも応対可能なところがあるようです。解約の手続きに移行するためには、コーヒーサーバーを提供している企業に連絡をしない限り、一方的に解約をすることはできません。無論、貸し出しをしている業者側も正当な理由がない限り、一方的にコーヒーサーバーの引き取りや解約を迫ることができません。レンタルしている人の意思を確認後に契約が破棄されるのです。

本体の返却を行う、または引き取りに来てもらう

解約の手続きが判明した後は、所有しているレンタルコーヒーサーバーを返却する手続きを行いましょう。返却にはおおよそ2タイプの方法があります。

1つは、借り受け側が本体を業者へと返送する手法です。業者側が商品の返送を確認でき次第、解約が完了します。返却しない限り、契約は続いている状態です。

2つ目は事業者自らが設置したコーヒーサーバーを回収にくるタイプです。こちらの場合は、事業者の方が家庭やオフィスに設置したサーバーを引き取りに来て、初めて契約が解除されます。ただし、コーヒーサーバーに損傷がみられる場合は修理費用が発生するようです。

そのため、コーヒーサーバーが損傷していた場合は、修理費の請求などがあるかどうかを契約時に確認しておく必要があります。問題がない場合はそのまま契約終了となりますが、違約金が発生する場合もあるようです。違約金の支払い方法は業者によって異なるため、しっかりと確認しておきましょう。

違約金とメンテナンスや修理代金は別である

解約時には、違約金のほかに、メンテナンスや修理などの費用が発生することもあります。これらは、契約が解除された際に、個別で支払わなければならない業者もいるようです。業者によって、メンテナンスや修理などの費用は、契約期間内であれば無償化されるケースもあります。

しかし、解約をした場合には、コーヒーサーバーのメンテナンスや修理などの費用が発生し、違約金とは別に徴収されることがあるのです。これらは契約時に確認しておきましょう。解約におけるタイミングで、いつ修理代金を徴収されるかを知る必要があるのです。

さらに、業者が引き取りに来た際に、コーヒーサーバーが損傷していた場合、その後の費用がどうなるかを事前に確認することが大切といえます。違約金とは別に、修理やメンテナンス費用が発生することを知ることが重要なのです。メンテナンス代金は無料であるが修理代は別であるなどを把握しておきましょう。

 

コーヒーサーバーのレンタルは、事業者に問い合わせをすることで解約へのステップを踏むことになります。その後、コーヒーサーバーを返却することで、解約が完全なものとなるのです。しかし、解約時に違約金、メンテナンス料、修理費用などを含めて請求されることもあります。そのため、レンタルする側が解約時にかかる費用について知ることが重要です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧