【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

カフェインレスコーヒーとは?ノンカフェインとは違うの?

公開日:2022/03/01  最終更新日:2022/04/01


カフェインレスコーヒーとは、カフェインの含有量が少ないコーヒーであり、最近ではカフェやレストランなど、さまざまな場所で提供されています。カフェインの摂取量を抑えながらコーヒーを楽しめるだけでなく、病気予防やダイエット効果が得られるというメリットもあります。今回はカフェインレスコーヒーについて詳しく解説します!

カフェインレスコーヒーとは

カフェインレスコーヒーは「カフェインが全く含まれていないコーヒー」ではなく「カフェインの含有量が少ないコーヒー」です。「カフェインが含まれているなら妊娠中・授乳中には飲めないの?」と疑問に思うかもしれませんが、カフェインレスコーヒーに含まれるカフェインはごく少量であり、妊娠中や授乳中でも適量であれば問題なく楽しむことができますよ。

カフェインゼロの飲料は「ノンカフェイン」と表記されており、たんぽぽ茶などを使用したフレーバーコーヒー、ハーブコーヒーがこれに該当します。

カフェインレスコーヒーのメリット

コーヒーを毎日飲むという人は多いですが、ここではカフェインレスコーヒーを選ぶメリットを3つご紹介します。

カフェインの影響を気にせず好きなときに飲める

カフェインの効果として「覚醒作用」や「利尿作用」は有名ですよね。寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなってしまったり、運転中に飲むとトイレが近くなってしまうことも。カフェインの含有量が少ないカフェインレスコーヒーであれば、飲むタイミングを気にせずに好きな時にコーヒーを楽しむことができます。

消化促進

コーヒーに含まれるポリフェノールには消化液の分泌を増やす作用があり、食後の消化促進効果が期待できます。ポリフェノールはカフェインレスコーヒーにも含まれているため、特に夕食後に飲むのであれば、夜の入眠を妨げないカフェインレスコーヒーを選ぶのが良いでしょう。

ダイエット・アンチエイジング効果

抗酸化作用や脂質の代謝促進など、コーヒーを飲むことによってダイエットや美肌、アンチエイジング効果も期待できます。カフェインを摂取しすぎると冷え・浮腫みなどが気になってしまいますが、カフェインレスコーヒーであればその心配も不要です。

カフェインレスコーヒーに含まれるクロロゲン酸の効果

コーヒーには健康増進や病気の予防など、さまざまな効果が期待がありますが、これはカフェインレスコーヒーにも含まれる「クロロゲン酸」という成分によるものです。以下では、クロロゲン酸の効果を3つご紹介します。

血糖値の上昇を抑える

血糖値が急激に上昇すると糖尿病を招いたり、血管が詰まりやすくなるなどさまざまなリスクが考えられます。クロロゲン酸には血糖値の上昇を抑えてくれる効果があるため「食後のコーヒー」を健康維持のための習慣にすると良いでしょう。

コレステロールの吸収を抑える

クロロゲン酸には、脂肪や悪玉コレステロールの吸収を抑制する働きがあるため、ダイエット効果も期待できます。また、血栓予防や抗酸化作用が期待できる善玉コレステロールを増やしてくれることも分かっています。

ガン予防

ガンの原因にはさまざまなものがありますが、その中の一つに「過酸化脂質」があります。クロロゲン酸の抗酸化作用はアンチエイジング効果だけでなく、過酸化脂質の発生を抑える働きも期待できます。

 

今回は、カフェインレスコーヒーについてその特徴やメリットを解説しました!カフェインレスコーヒーは妊婦さんや授乳中のママだけでなく、寝る前や運転中など、普段コーヒーを飲む人がカフェインの摂取を避けたいシーンでも活躍してくれる優れものです。クロロゲン酸による健康維持や美容効果、ガン予防効果も期待できるため、食後のカフェインレスコーヒーを習慣にしてみるのも良いですね!

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
FVジャパンの画像
記事一覧