【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルのコーヒーサーバーは割れることはない?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/08

コーヒーサーバーは割れてしまったらもう使えなくなってしまうのは確かで、買ったときには使う人に十分に注意してもらわなければなりません。

レンタルするときにも割ってしまったら大変なことになるのではないかと考えるでしょう。

そんなトラブルが起こらないように割れることがないようにデザインされているのでしょうか。

 

一般的には落としたら割れる可能性がある

レンタルコーヒーサーバーは利用者がトラブルに悩まないで済むように配慮してある部分も多いのは確かです。サーバーを落として割ってしまったら困るのは事実で、そうならないようなデザインになっているのではないかと期待する人もいるでしょう。

しかし、実際には落としたら割れてしまう可能性がある素材で作られているものがほとんどです。ガラスか耐熱プラスチックで作られているものが多く、コーヒーの入っているポットをうっかり落としたら割れてこぼれてしまうリスクはあります。空のポットを洗おうとしたときにうっかり流し台にぶつけてヒビが入ることもあるでしょう。

ただ、ポット式ではなくて一杯抽出式のものを選べば割れるリスクはありません。この場合にはポットがないのでサーバー本体を落としてしまわない限りは割れる心配がないのです。

ただ、使用しているコップを落として割ってしまうことや、水を入れるプラスチック製のボトルをぶつけて壊してしまう可能性がないわけではないので気をつけて使うようにしましょう。

 

割れにくいサーバーも存在している

オフィスシーンではうっかり落としてしまいそうになるような場面もないわけではありません。ポットをデスクの上に置いておいて作業をしていたら、肘をぶつけて落としてしまうようなこともあるでしょう。通路近くに置いておいたら通った人が袖口を引っ掛けて落としてしまうかもしれません。

そのような事態に備えようといった考え方もあり、割れにくい材質のポットになっているサーバーもあります。ステンレスポットにしてあったり、強化ガラスや強化プラスチックを使ったりしているのが一般的です。壊れてしまうリスクがないわけではありませんが、通常の耐熱ガラスなどで作られているポットに比べたら丈夫なので、簡単に割れてしまうことはないでしょう。

 

割ってしまっても大きな問題はなし

ポット式のものを選ぶと割れるリスクがあるから諦めようと考えてしまうケースもあるかもしれません。一杯抽出式のサーバーにすれば良いとも考えられますが、現場での運用の仕方を考えるとやはりポット式のほうが良いということもあるでしょう。

割れたら怪我をしてしまうリスクがあることや、中に入っていたコーヒーがこぼれて掃除が大変になることは確かです。ただ、それに関しては問題ないけれど割れたら弁償しなければならないだろうから心配だというケースもあります。

確かに弁償する可能性が高いのであれば買ってしまっても良いのではないかと考えるのももっともなことです。しかし、割ってしまっても弁償する必要はないというのがほとんどの業者に共通していることで、すぐに代わりのサーバーやポットを持ってきてもらえます。故意で壊した場合を除くと特に弁償を求められることはないので安心しておきましょう。

 

レンタルコーヒーサーバーを借りて割ってしまうのが心配というケースは多いものの、一部の例外を除くとやはり落としたら割れてしまう可能性があるポットが使われています。一杯抽出式のサーバーであればポットがないので割ってしまう心配はありません。

ポットに強化ガラスなどの割れにくい素材を使っているサーバーもあるので検討してみるのが賢明です。ただ、割ってしまっても故意でなければ弁償しなくて済む場合が多いので、費用面に関しては特に大きなリスクはないということも知っておくと役に立つでしょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧