【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーをレンタルするなら知っておきたい!ブラジルの特徴

公開日:2021/06/01  最終更新日:2021/03/09


コーヒーサーバーをレンタルする場合、コーヒーサーバーの機能などに注目しがちですが、誰でも美味しく飲めるコーヒー豆を導入することも大切です。コーヒー豆の種類にはいくつかありますが、本記事ではブラジルについて紹介します。ブラジルの産地や特徴などを知って、選択肢のひとつとして候補に入れてみましょう。

コーヒー豆にはさまざまな種類がある

コーヒーサーバーをレンタルする場合、機種にこだわることもよいですが、コーヒー豆についても知っておくとよいでしょう。コーヒー豆にはさまざまな種類がありますが、代表的な豆にはキリマンジャロやブルーマウンテン、モカやグアテマラ、コナなどです。

代表的な豆のひとつはキリマンジャロで、産地はタンザニアで強い酸味とコク、甘い香りがあります。ブルーマウンテンはジャマイカが産地で、調和のある味わいや卓越した香気などがあり、コーヒーのよさをすべて合わせもっているので、珈琲の王様と言わることもあります。

モカはフルーツのような酸味とコクがあるイエメンやエチオピアが産地の豆で、グアテマラはグアテマラの豆で、フレッシュな酸味と華やかな甘い香りと豊かなコクが特徴的です。コナはハワイ島が産地で、強い酸味と甘い香りがあり、キリマンジャロとブルーマウンテンと共に世界三大珈琲といわれることもあります。

代表的な豆だけでもいくつか種類があり、産地によっても味の特徴は異なります。

ブラジルは誰でも美味しく飲めるコーヒー

コーヒー豆にはキリマンジャロなど代表的なものはいくつかありますが、ブラジルもその中のひとつです。特徴はバランスのよい酸味と苦みがあり、飲みやすいため万人受けしやすいでしょう。生産量や輸出量が世界1位の国で、生産量は全世界の約3分の1を占めているコーヒー大国といえます。

生産されるコーヒー豆は約7割がアラビカ種で、約3割はロブスタ種です。低地で栽培されているので酸味が少なくバランスがとれているコーヒー豆といえます。最も知られているのは、南米最大の港のサントス港から輸出されているブラジルサントスです。

その他にもブラジルのブルーマウンテンともいわれるものや、ブルボン種とスマトラ種を交配したもの、完熟したコーヒーチェリーを天日乾燥して作るサンマリノサンドライなども知られています。ブラジルはコーヒー生産大国として、栽培から精製、出荷までの工程を厳重に管理して、高品質のコーヒー豆を生産する風潮も高まっています。

ブラジルを美味しく飲むためには

代表的なコーヒー豆のひとつはブラジルです。程よい苦みや爽やかな酸味がバランスよいのが特徴的で、やわらかく存在感があるコクやすっきりとした後味はクセがないので、コーヒーが好きな人だけではなく、初めてコーヒー豆を購入する場合にもおすすめの豆です。

どのようなコーヒー豆とも相性がよいため、ブレンドの豆としても利用されることが多いブラジルです。美味しく飲むなら、ミディアムトーストからフレンチロースト、エスプレッソ用のイタリアンローストです。焙煎の度合いによってもいろいろな表情になるので、自分が飲みたい味に合わせて焙煎することも可能です。

苦みを軽くして酸味を強くするならミディアムロースト、苦味を強調するならフルシティロースト以上で、酸味と苦味をバランスよく味わうのであればハイローストからシティローストがよいです。ブラジルではホットコーヒーを飲むことが主流で、カプチーノやエスプレッソで飲まれることが多いといわれています。本格的なブラジルコーヒーを飲むのであればエスプレッソやカプチーノで飲むことがおすすめです。

 

コーヒーサーバーをレンタルするなら、コーヒー豆にもこだわることがより美味しいコーヒーを飲むポイントです。代表的なコーヒー豆はいくつかありますが、万人受けするのはブラジルといえます。コーヒーサーバーをレンタルする場合、多くの人が利用することを考えると癖がないコーヒー豆を導入した方がよいでしょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧