【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーで有名ブランドのコーヒーは飲める?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/08/21

レンタルコーヒーサーバー選びの際、基準の一つとなるのが「ブランド豆」です。最近は手軽でありながら本格的な味わいを楽しめる豆を揃える業者が増えており、目的に合わせて選べるようになりました。専門店のバリスタが淹れたコーヒーと遜色ないため、本格的といえるでしょう。今回はレンタルコーヒーサーバーで味わえるブランド豆を紹介します。

誰もが知っている有名コーヒーも味わえる

有名ブランドと提携したレンタルコーヒーサーバー業者が増えています。ジャパンビバレッジは、UCC上島珈琲やジョージアなど知名度のあるブランド豆からも選べます。UCCは自社農園を所有しており、豆の栽培から焙煎、販売までの一貫管理体制により、芳醇な香りとコクを楽しめることから人気です。

またジャパンビバレッジでは栽培から焙煎、販売までの体制を持つキーコーヒーのブランド豆も揃えており、風味を重視するなら嬉しいラインナップといえるでしょう。

日本コカ・コーラグループのFVジャパンでは、知名度の高いジョージアブランドを扱っています。厳格な独自基準に基づき世界各地の上級グレードの新豆飲みを採用、グループ内焙煎と必要量のみの在庫確保により、いつでも新鮮な風味を楽しめるのが特徴です。加えて高級ブランドで知られているアルテラなど、有名どころの豆を揃えており、風合いやコストなど目的に合わせて選べます。

有名コーヒーチェーン店の味わいも手軽に楽しめる

レンタルコーヒーサーバー大手ユニマットライフは、コーヒーチェーン店のブランド豆を揃えています。心地よい雰囲気とコスパの高さで知られているドトールがもつ、直火にこだわった香りの高さと味わい深さを楽しめます。

また、ユニマットグループのキャラバンコーヒーでは、コーヒー鑑定士が味の番人として活躍しており、伝統的な味わいが特徴です。グループ傘下だけあって、香りと風味に加えてコスパもよくなっています。

日本最古の喫茶店である可否茶館がこだわったオリジナルブランドも利用できます。小樽にある所有工場にて自社焙煎しており、最も歴史あるコーヒー喫茶店で人気のブレンドや焙煎深度をオフィスにいながらにして味わえるようになりました。

この他にも栽培や焙煎から販売まで一貫体制を持つUCC上島珈琲などを揃えており、多彩なフレーバーから選べます。それぞれのブランド豆に最適なコーヒーサーバーも用意されているため、豆の味わいを損なうことはありません。

レンタルコーヒーサーバー専用ブランドも登場

エームサービスは、他にはないオリジナルブランド豆「FRESHBREW®」全4種から選べます。世界に広がる三井グループのネットワークにより、各産地から厳選したコーヒー豆を仕入れて独自にブレンド、自社焙煎工場で加工しているため、他にはない風味と香りを楽しめます。

最もおすすめなのがブラジル・ピーベリー100%でしょう。コーヒーの樹1本からわずか5%しか取れないというピーベリーを使用しており、新たな魅力を開拓してくれます。上品かつ飲みやすいハウスブレンドは、ドライフルーツを思わせる風味が特徴です。

リッチでコクのあるクレマと滑らかな口当たりがよいエスプレッソブレンドも味わえます。いずれもブラジルの公的資格である珈琲鑑定士を取得したプロの手によって厳選されているため、味わいと香りは折り紙付きで、喉を潤したりリフレッシュしたりするだけでなく、贅沢さをも感じさせてくれることでしょう。

 

レンタルコーヒーサーバー業者は、さまざまなブランド豆を用意しています。味わい慣れた大手ブランドから有名チェーン店や喫茶店、レンタルコーヒーサーバーでしか味わえないオリジナルブランドまで幅広く扱っており、手軽さやコスパ、味わいと香りなどさまざまな視点から検討してもらえます。かつては喉を潤すだけの存在でしたが、今やバリスタにも負けない芳醇なコーヒーを楽しめるようになりました。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧