【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーをレンタルするなら知っておきたい!ブルーマウンテンの特徴

公開日:2021/04/01  最終更新日:2021/03/08


仕事の休憩中には、美味しいコーヒーを飲んでほっと一息つきたい人も多いと思います。そんな時に便利なのがコーヒーサーバーのレンタルサービスです。コーヒーサーバーを利用すれば、美味しいコーヒーをボタン一つで淹れられます。コーヒーを飲んで頭をスッキリさせたり、甘い物を一緒に食べて緊張をほぐしたりすることもできます。

コーヒーサーバーをレンタルするメリット

コーヒーサーバーをレンタルするメリットはいろいろあり、自社で購入するよりもランニングコストが安いことや故障した際にもすぐに修理してもらえること等が挙げられます。オフィス用のコーヒーサーバーは数十万円するものもあり、自社で導入しようとすると大きなコストが発生してしまいます。

レンタルを利用するのであれば、初期コストを安く抑えることができます。また、コーヒーサーバーを置く必要がなくなった場合にも、解約すれば引き取ってもらえます。それからコーヒーだけではなく、カフェラテやエスプレッソ、カプチーノ等いろいろな種類の中から選べるものもあります。

紅茶や緑茶等に対応しているものもあるので、そこで働く人の好みに合わせられます。挽きたての豆から作るコーヒーは、インスタントコーヒーとは違って香りもよいですし味もフレッシュです。コーヒーサーバーがあることで、毎日美味しいコーヒーやカフェラテ等の飲み物を飲むことができます。

コーヒー栽培に最適な産地で生まれるブルーマウンテン

コーヒーサーバーのレンタルサービスを利用することに決めたら、コーヒー豆の種類やその特徴を把握しておくのがおすすめです。コーヒー豆のブランドはいろいろありますが、その中でもブルーマウンテンは人気のあるコーヒー豆のブランドの1つになります。

ブルーマウンテンの産地はジャマイカで、ブルーマウンテン山脈の一部のエリアで栽培されています。標高800mから1200mまでの限られた地域で栽培されたものしかブルーマウンテンとは認められません。収穫量が少なく、貴重な豆として知られています。ブルーマウンテンの産地は水はけのよい急斜面にあり、土壌は酸性です。

1日のうちで寒暖差も大きいので、コーヒーの栽培に非常に適した土地といえます。そのため繊細な味わいのコーヒーを栽培でき、味のバランスがよいコーヒーが生み出されます。ブルーマウンテンは非常に日本で人気の高いブランドで、他のコーヒー豆にはない芳醇な香りが好まれています。

ブルーマウンテンにはどんな特徴がある?

ブルーマウンテンの特徴を挙げると、何といってもその芳醇な香りにあります。非常に高い香りが持ち味で、他の香りが低い豆とブレンドして使われることも多いです。その香りはマカダミアナッツやキャラメル等にも例えられます。コーヒーの香りを嗅ぐとリラックス効果のあるα波が脳内で分泌されるといわれています。

そのためブルーマウンテンには、人の心をリラックスさせる効果があります。また、苦味・甘味・酸味の味のバランスがよいのも特徴の1つです。それは黄金のバランスと呼ばれることもあり、コクも感じられる繊細な味わいになっています。

ブルーマウンテンはジャマイカの農水省の管理の下で、厳しい審査が行われてから輸出されます。コーヒー豆の味だけではなく、色や形なども基準をクリアしないといけません。一般的なジャマイカ産のコーヒー豆は麻袋に入れられて運ばれますが、ブルーマウンテンは樽で運ばれます。樽に使われる木材が湿度や温度を最適に保つので、鮮度が維持されるのです。

 

ブルーマウンテンはジャマイカ産のコーヒー豆のブランドの1つで、ブルーマウンテン山脈の限られた地域で栽培されています。芳醇な香りと苦味・酸味・甘味・コクのバランスがよいのが特徴です。厳しい審査基準をクリアしたものだけがブルーマウンテンに認定されます。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧