【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーは健康に良い!一日適量のコーヒーを飲みましょう

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/08/06


コーヒーを毎日飲んでいると、「飲みすぎは身体に悪いのでは…?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。毎日飲む嗜好品だからこそ、その効果は知っておきたいものですよね。そこで今回の記事では、コーヒーによる健康効果や一日の適量について解説していきます。コーヒーの効果を高める方法までお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

コーヒーによる健康効果

コーヒーには、ポリフェノールである「クロロゲン酸」が含まれています。この成分は、抗酸化作用や脂肪燃焼効果があり、シミやシワを抑制する働きがあります。そのため、コーヒーを飲むことで若さをサポートし、ダイエットに効果的であるといえます。

また、コーヒーのカフェインには、覚醒作用があります。眠気を覚ますだけでなく、脳を活性化させるため、集中力アップの効果があります。他にも、コーヒーには胃酸の分泌を促す効果があるため、胃の働きが促進され、消化を助ける働きがあります。

さらにコーヒーの香りを嗅ぐことで、脳からa波が出てくることがわかっているのです。α波は心身がリラックスしたときに出る物質です。カフェインにもリラックス効果があります。そのため、コーヒーの香りとカフェインによってリラックス効果が期待できるのです。

飲みすぎはよくない

ここまで、コーヒーの健康効果について解説しました。しかし、メリットが数多くあるコーヒーでも、飲みすぎはよくありません。なぜならカフェインには神経を興奮させる作用があると言われているからです。そのためコーヒーをたくさん飲んでカフェインを過剰摂取すると、神経も過剰に刺激されます。

その結果、めまいや心拍数の増加、不安や興奮、吐き気といった不調が起こるのです。このようなことが起こる理由として、カフェインが神経を落ち着かせる役割のある「アデノシン」という物質と構造が似ていることが挙げられます。

一日の適量

ここまでで、コーヒーを飲みすぎるとよくないことがわかったかと思います。では、いったいどれくらいの量が1日の適量なのでしょうか。コーヒーのカフェイン含有量は、100mlあたり60㎎です。なので、カップ一杯に換算すると90㎎になります。カフェインが身体に影響を与えるかについては個人差があるので、一日当たりの明確な量は決まっていません。

しかし、欧州食品安全機関(EFSA)が、成人が摂取しても体に影響がないとみられる1日当たりのカフェインの最大摂取量を設定しています。この結果によると、最大量1日400mgと規定されています。このことから、カップ4~5杯が1日の最大の量だということが科学的に証明されました。人それぞれ好みによると思いますが、健康な成人なら、1日3~5杯であれば安心して飲むことができる量だと言えるでしょう。

さらに効果アップのプラスアレンジ

コーヒーは一工夫することで、さらに多くの効果を得ることが可能です。ここでは健康面でもおすすめできるアレンジ方法について紹介します。

・コーヒー+チョコレート
チョコレートには、カカオポリフェノールが含まれています。こちらの成分には、抗酸化作用や血圧を正常値に戻す効果があります。コーヒーの苦みとチョコレートの甘みが調合し、組み合わせとして美味しいだけでなく、健康面でも効果が期待できます。ただし、チョコレートにもカフェインが含まれていることがあるので、食べ過ぎには注意してください。

・バター+コーヒー
バターを溶かしたコーヒーです。朝食の代わりにバターコーヒーを飲むことで、ファスティング効果になりダイエットに繋がります。コーヒーが苦手な人でもバターを入れることで、苦みがなくなりマイルドな味になるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。バターには、脂肪燃焼効果もあります。そのため、コーヒーの健康効果と合わせることで、ダイエット効果が促進されるアレンジです。

 

この記事では、コーヒーの健康効果や飲みすぎた場合どうなるのか、1日の適量などについて解説しました。コーヒーの健康効果は期待できるため、好きで飲んでいる人はさらによい効果を得られるようアレンジしてみるのもおすすめですよ。ぜひ、コーヒーのある生活を楽しんでみてください。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧