【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーにクーリングオフは適用されるのか

公開日:2021/05/01  最終更新日:2021/03/09


レンタルコーヒーサーバーを利用する際申し込みをすることになりますが、その場合はレンタル機種や内容、期間を明確にすることから始まります。この期間からこの期間まで借りるという契約になりますので、基本的にクーリングオフ制度が適用されないことが多いです。契約期間内で解約する場合は、違約金が発生する可能性が高いです。

レンタルコーヒーサーバーではクーリングオフは適用される?

レンタルコーヒーサーバーを契約する際、何日から何日までの期間レンタルするのか、メンテナンスや保証はどうなっているのか、またコーヒーの補充に関してはどうなっているのかなども含めて検討することになります。一般的な割賦商品とは異なり、レンタルというところもあってクーリングオフ制度は適用されないという会社が多いです。

これはシステムとして、また決まりに基づいて行われていることなのでしょうがないことです。基本的に期間を前もって決めておくことになりますので、それ以上も継続するのであれば更新、それ以前に解約するということですと違約金が発生する事もあります。

契約期間が長い方が1ヶ月当たりの費用が安くなるということもありますが、期間を短く設定できれば違約金がかかる可能性も低くなり更新すればよいということでの契約も可能です。それぞれのニーズに応じて契約期間も考えていくことが必要です。さまざまなプランが用意されているため検討してみましょう。

コーヒーサーバーはレンタルと購入とどう違う?

コーヒーサーバーを導入したいと考えている方は、まず一つ目の選択肢として購入するという方法があげられます。それ以外ですとレンタルがありますが、どちらもメリットとデメリットがありますので、内容を比較して検討していきましょう。こだわりの機種があるという場合は購入する方がよいです。

レンタルの場合はマシンが限定されていることも多いですし、メーカーが限定されているというのが合わないということもあるからです。購入すれば最初の費用は掛かりますが、それ以降はコーヒー代金とメンテナンスがかかるぐらいです。

しかし清掃は自分達で行わなければなりませんし、当然メンテナンスも同じです。壊れた時でもメーカーに直接電話をして直さなければなりません。レンタルであればマシンレンタルは無料で、コーヒー代のみかかるというところもありますし、メンテナンスや清掃も業者がやってくれるということが多いので任せっぱなしでよいというのが魅力です。

お試し期間を利用して納得できるレンタルコーヒーサーバーを選ぶ

コーヒーサーバーはいろいろなメーカーがありますし、レンタルを行っている会社も多数あります。それぞれの会社でサーバーの質やシステムも違ったり、お好みのコーヒーを抽出できるかどうかも変わってくるでしょう。

品質を求めるか安さを求めるかというところでも変わってきますし、コーヒーだけではなくさまざまな種類を楽しみたいということであればポーションタイプのサーバーを選ぶのもポイントです。実際に使ってみないとわからないというところも多々ありますので、まずはお試し期間を利用してみるのもおすすめです。

サーバー会社によっては企画されていない所もありますが、1週間単位でお試しができるところもあるので要チェックです。中にはキャンペーンを実施していて、お試しから契約となると割引されるケースもあるので、そういったキャンペーンから導入していくというのもよいでしょう。実際に使ってみてよいと納得できるものを選べば満足できます。

 

レンタルコーヒーサーバーは基本的にクーリングオフ制度というものが適用されません。ですから納得できるものを選び、契約期間もよく考えて契約することが大事です。レンタルするまでは料金は発生しないことが多いので、まだ導入していない場合はキャンセルできる場合もあります。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧