【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーはどのようなシーンで活躍する?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/10/02


コーヒーサーバーというのは、水とコーヒーの素を専用のポットに入れると自動で煮沸してコーヒーを抽出してくれるマシンのことです。引き立てのような美味しいコーヒーが飲めるようになっています。

そんなコーヒーサーバーはレンタルも可能で利用している企業にとっていろいろなメリットを生み出しているので紹介します。

ティータイムの際の集中力回復に活躍しています

企業が独自におこなう自主的な働き方改革が進められることによって、これまでお昼ご飯以外は休憩時間がなかったのですが現在ではこまめに休憩時間を入れている企業が増えています。そんなこまめな休憩時間を入れることをティータイムとし、この時間は仕事を忘れて飲み物と雑談をして仕事から離れることで精神的にリラックスできる時間を作るのです。

そんなティータイムをより良いものにするために、企業間で取り入れられているのがレンタルコーヒーサーバーなのです。先にいったとおりにコーヒーサーバーの技術は進歩しており、うまみと香りを凝縮したキットが開発されたことによって手軽に引き立てに近い味わいのコーヒーを飲むことができるようになっています。

美味しいコーヒーの存在というのは、仕事中の集中力が切れた段階で一息入れたいと思ったときにレンタルコーヒーサーバーの存在は心をゆだねられる時間帯になるのです。美味しいコーヒーを飲んで雑談を楽しめれば脳がリラックスして疲労も回復し、次に取り掛かる仕事の効率もアップすることに活躍します。

来賓客へのおもてなしとして活躍できるのです

企業の経営が上手くいくためには、いかに他の企業の人間とうまく継続したコンタクトを取り合うかが重要になります。そのためには相手の企業に出向くだけでなく、自社の製品を細かく説明するためには相手側にも自社に来てもらう方が説明への準備が整っているのでやりやすくなるのです。

しかし大切な取引をするための相手が緊張感漂う自社に来てもらうというのは、精神面での負担が大きくなります。それなのに仕事の話だけをして、何もおもてなしをしないのであれば不誠実だと思われてしまい話の流れがうまく行かない可能性が高くなってしまうのです。

そこでおもてなしの一環として、相手に好きなタイミングでレンタルコーヒーサーバーを利用してもらうのです。話し合いの際に美味しいコーヒーがあれば、それだけで笑顔がこぼれるので印象が良くなります。さらにおいしいコーヒーは精神を安定させてくれるので、話し合いの道筋がうまくかみ合うので説明がしやすいだけでなく交渉成立の確率も増やしてくれるのです。

集団でのやり取りで行き詰ったときの骨休めになります

現在では働き方改革の一環によるティータイムの充実と来賓のおもてなしの一環としてレンタルコーヒーサーバーの需要が伸びているのですが、元々の目的は集団でのやり取りで行き詰ったときの骨休めに活躍していたのが始まりです。

集団行動でのやり取りの代表格といえば、やはり会議です。会議は自社の商品開発の情報のやり取りだけでなく、これから会社をどのような路線で行くのか経営方針を決めるなど重要な役割を担っています。

それゆえに話は長時間続くのですが、大事な話し合いをする会議はおこなっている本人たちにとっても精神面での負担が大きいです。精神面での負担が限界に近付くと、脳が機能を落としてしまうため判断力や思考力が低下し話がうまく進まなくなります。

そんなときにレンタルコーヒーサーバーがあれば、その会議の合間にコーヒーを一服することによって精神面での負担が軽減できる時間ができるのです。

 

これまで休憩時間というのはお昼ご飯を食べるときだけだったのですが、それでは集中力の持続が難しく仕事の効率を下げる要因になっていたのです。それにいち早く気付いた欧米の企業はこぞってティータイムを取り入れて成果を上げ、そしてそれを知った日本の企業もこぞってティータイムを入れるようになっています。

せっかくのティータイムの時間帯であれば美味しいコーヒーを飲むことができればそれだけで意欲の向上につながるため、各企業はレンタル料を支払ってでも職番環境の改善の一環としてレンタルサーバーを導入する理由になっているのです。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧